rr栃木県内の市立小学校で昨年7月、6年生の男子児童がいじめの被害を文章で訴えたのに、担任の男性教諭(42)が対策をとらず、名前入りの文章をそのまま教室に張り出していたことが分かった・・





 児童の家族や学校によると、担任の教諭はクラス全員にいじめに関する新聞記事を読ませ、感想を書かせた。上級生や同級生から日常的にいじめを受けていた児童は家族と相談の上、「3年からいじめが続きました」「全身にどろをかけられ、プロレスといってぼうこうもされました」「今も続いているため対応してほしい」などと書いて提出した。

 しかし、担任は相談に乗ることなく、赤ペンで「その痛み、つらさを知っているからこそ、人に優しくなれる」「負の連鎖をどこかで断ちきろう」などと感想を書き込み、他の児童の文章と一緒に教室に張り出した。1週間ほど張り出され、ショックを受けた児童は家族にもすぐには打ち明けられなかったという。

 いじめはその後も続き、3学期に入って児童が休みがちになったため、家族は今年2月、学校を訪問。校長はこの時、初めていじめ被害や文章が張り出されていたことを知った。担任は市教委に対し「(児童の気持ちに)思いが至らなかった」と話したという。市教委は教諭を今年度、クラス担任から外した。

 両親は「相談しても、まともに応じてくれなかった。助けを求める文章を張り出すなんて、人としてどうなのか」と語った・・

(source: 朝日新聞デジタル - いじめを訴える文章、そのまま教室に掲示 栃木の小学校





・おばかさんな対応ですね。
辛さがわかるならば、赤ペンで添削をしているどころの話ではありません。
その児童の辛さが本当にわかるならば、個別に呼んでもっと深く話を聞くのが筋では?

・いじめについての記事を読んで
感想を書かせ、教室に掲示する。
それで完了の授業だったんでしょうね。
担任には
いじめの相談を受けてると感じられなかったのかな。
この子の絶望を思うと悲しすぎる。

・担任一人で対応するとこういう事が起こりがちです。いじめは学年、学校で対応すべき問題です。学校で言えば、その児童に担任だけでなく、管理職も含め多くの教師が関わることが大切です。

・同じような経験した。いじめられている事実を作文に書いたら、次の日あろう事かクラス全員の前で読み上げられた。余計な事を、と身体が震える思いだった。それを機にいじめた側が反省……するような事は一切ないし、その後の記憶がないくらい辛い学校生活が続いた。

・ストレートに大学を出て、教職に就いているとすると、キャリア20年近くの先生ってこと?
それで、この対応?
ピントがずれてる…云々のレベルじゃないね。
ダメ教師はどんどん教壇から去ってもらわないと。

・うちの子のクラスでは、仲間外れや一人の子をいじる等のよくあるパターンのいじめがちらほら。
我が子はいじめられる側になり、学校に行きづらくなった。休む日もあれば遅れて行く日もある。

・先生なんて、ほとんどがこんな人ばかり。
何かを期待するのは、間違いですよ!
多分、ここの校長が多少まともだったので、先生の不適切な行動を厳しく指導したと思いますが、大抵は校長が事実を知ったとしても、うやむやにされておしまい。

・プロ意識が欠けてる先生ですね。一方間違えれば、いじめがエスカレートして、自ら命を落としかねない
事態になってたかもしれないのに、注意で終わらせる意味わからない。

・想像力がなさ過ぎる。マニュアル通りのやり方しか出来ないからこうなったんじゃないかも思う。
それとも、忙しさの中でどこか流作業のようになってしまったのか。