eer女性専用車両に乗りたくない女性たちが増えていると、テレビのワイドショー番組やウェブメディアなどが相次いで報じている・・






「戦場と化した女性専用車両」「女たちのバトル」と題して一部の女性たちの声を伝える一方で、反論がTwitterでトレンド入りするなど、報道姿勢そのものへの批判の声も多く上がっている。

TBS「Nスタ」の街頭インタビュー取材に答えた女性は「内容が正しく伝わっていない」と訴え、本日1月17日、TBSは番組内で訂正、謝罪した。メディアで一体、何が起きているのか。

女性専用車両特集を組んだのは、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(2020年1月13日)、Jタウンネット(同上)、TBS系「グッとラック!」(1月15日)、TBS系「Nスタ」(同上)などだ。

Jタウンネットの「女性専用車両は臭くて汚い? 利用者が明かす実態」と題された記事で紹介された、

「女性専用車両はとにかく汚い。使用後の丸めたあぶらとり紙が散乱している」

という女性の声に対しては、「そんな状況を見たことがない」「そもそも今はあぶらとり紙を使う女性自体が少ないのでは」などの反論がTwitterに多く投稿され、「あぶらとり紙」は15日のTwitterトレンドに入った。


・話題となっている 女性専用車両の報道



「羽鳥慎一モーニングショー」では「戦場と化した女性専用車両」「女たちのバトル」として、

ブランドかぶりでマウント奪い合い

ファーやポニーテールが顔にパサパサと当たって痒くなり、くしゃみをしたら怒られた 

周囲の視線を気にせずスマホに没頭

スペースの奪い合いから小競り合いに発展 

などの事例を街の女性たちのインタビューなどをもとに紹介。スタジオで「『同じブランドで私のは新作よ。あなたのは旧作よ』なんていうマイナーチェンジに女性は結構目が光ってる」と説明した。これに対しても「ブランドかぶりなんて気にする人はいない」「スマホを見ているのは普通車両も同じ」などの投稿が多く見られ、違和感を感じた女性は多かったようだ。

どの報道にも共通するのは、女性が女性専用車両に「乗らない・乗りたくない」理由として、“女性の装いならでは”の問題があるという声を紹介していたことだ。

「化粧や香水のにおいがきつい」「他人の化粧がつく」「ヒールが怖い」「体が当たった仕返しにハイヒールで無言の反撃がある」などがあげられていたが、これらに対しても「そんなこと思ったこともない」「まず化粧しないと失礼だというマナーを完全に日本から消してくれ」などの疑問や批判の投稿があった・・

・詳細は(source: BUSINESS INSIDER JAPAN - 「女性専用車両は戦場」報道に批判の声。TBS取材に答えた女性が「誤解」と告白、局は謝罪





・昔から思っていたが、世論を自分たちに都合の良いように切り取って報道し、視聴者をミスリードして、あたかも自分たちが正義かのように振る舞うマスコミは信用できない。報道番組は、街頭インタビュー等の世論を平等に流すべき、今回も初めから答えありきの編集から起こった事。

・男はホントに女同士で争っているという図が好きだね。
実際に駅で喧嘩や暴力沙汰で逮捕されるのはほとんど男同士なのに。

・そもそも痴漢する男性がいたりで必要だから出来た訳でしょ。
私も通学通勤で痴漢にあいました。
昔はポーッとしてるように見えたからか、結構あっちゃってた。
一度押し返したら、次の駅で降りたけど、降り際に「俺がなんかしたかよ!ブスが!」って捨て台詞。怖かった。
当時女性専用車両があれば、絶対乗ってたと思う。

・女子高の実態と銘打って、悶々とした男子の
興味を引こうとする記事となんら変わりない。
こんなのをワイドショーで流すなどテレビ局も
地に堕ちたなって思う。

・こういう特集を作ってる下請けの制作会社にいる中高年男性たちの女性観を反映しているのでは。それにしても「あぶらとり紙」ねえ。懐かしいw 今の基礎化粧品、化粧下地、コンシーラー、ファンデーションは進化していて、あぶらとり紙なんぞ必要ないレベルに到達しているんだよ。

・テレビのニュースなんて、たかだか数十人が取材して、さらに数人がどんな見せ方にするか決めて、これが正義だ、世の中意見だ、という風に見せているに過ぎないから、こういう報道になっちゃう事もあると認識して見ている。