frr働き方改革の一環で、すかいらーくグループがすべての店舗で24時間営業をやめることがFNNの取材で分かった。






「ガスト」や「バーミヤン」などを展開する、すかいらーくホールディングスは全国約3200 店舗のうち約150店舗で24時間営業を行っているが、1月から順次営業時間を短縮し、4月までにすべての店舗で廃止する。
また、24時間営業店舗を含む約560店舗で深夜営業時間を短縮する。

すかいらーくは1972年に24時間営業を始めたが、深夜の利用客が減少したことや従業員の働き方が変化したことなどから、2012年以降営業時間の見直しをはかっていた。
すべての店舗で24時間営業を廃止することで、従業員の健康に配慮した職場作りや、女性やシニアなどの雇用の充実につなげたいとしている・・

(source: FNN.jpプライムオンライン - 【独自】すかいらーくグループが24時間営業を全店廃止 働き方改革の一環で


・すかいらーく



・地方のロードサイド店などは特に、深夜なんて一時間でゼロ、または数名しか来ないのに、その人のために開けてるのは無駄。
企業はボランティアじゃないのだから。

・英断ですね。
時代の変化で闇雲に夜間と押しで営業すれば良いというものではない。競合他社も右に倣えで続くでしょう。
コンビニみたくとかく目につきやすい業種ではあるけれど日本人の働き方は明らかにひとつの転換点にあるように思う。

・学生時代に系列ファミレスで働いてたけど、社員さんは見てられないくらい消耗品のような使われ方をしていた。
寝る間もない上に実質マイカー通勤が強要されるから事故の情報は日常茶飯事だった。
もう当時の人が無駄に苦しんだ時間は帰っては来ないけど、せめて今の人は気持ちよく働いてほしい。

・郊外で24時間営業しても客いないし
都心でドリンクバーで粘られても宿泊施設じゃないし
人が足りないなら切るとしたら真っ先に利益にならない
又は利益率の低いところからだよな

・24時間の店って厨房の機器の清掃とかメンテっておろそかになるよね。
24時間営業を止めてその間にたまには清掃が出来るなら衛生的にも良いかもね

・それでよいと思う。コンビニも含めて24時間である必要は
ほとんどない。従業員の為にも夜はしっかり休んでほしい。

・素敵な決断だと思います。
他の飲食店や物販店も24時間営業は廃止するべきだと思います。
22時以降の全ての価格を人件費同様に25%UPして、本当に深夜営業が必要か再考するべき。

・良いと思います。
そりゃ困る人も出てくるんでしょうが、コンプライアンスの面から安全面からも
深夜にやっているお店は色んな危険があります。
時代背景を考慮した英断だと思います。

・ファミレス増え始めた若い頃は、少しばかり緊張もあったりていたが、やがて多くのファミレスが出現深夜も煌々と明かりを照らし、時間があったあの頃は友人と入り浸ったものです。それらを思うと感慨深いものがありますが、時代の流れですよね。俯瞰して見ると、これに限らす日本は良くも悪くも、一周回ったのかなという感じがしますね。