7782018年8月に徳島県松茂町の国道11号交差点で、赤信号を自転車で横断しようとした女子高生が車にはねられ死亡する事故があり・・






徳島地裁は22日、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた乗用車の男性(49)に「過失を認めることはできない」として無罪判決を言い渡した。求刑は罰金30万円だった。

判決理由で佐藤洋介裁判官は、男性側の信号機が青だったとして「自転車が赤に従って横断を差し控えるものと期待、信頼するのが通常」と指摘。「前照灯の光や反射板を踏まえても、自転車の存在を予見できたか疑いが残る」とした・・

(source: 共同通信 - 女子高生死亡事故で男性に無罪 徳島地裁「過失なし」





・この記事だけでは詳細はわからないが、赤信号を無視して渡っただけでなく、ながらスマホ&ヘッドホンとかもあったのかな? いずれにしても画期的な判決だと思う。
自宅の近くでも、夜にノーライト・ヘッドホン・ながらスマホで猛スピードで自転車をこいでいる人も多いので、注意しないといけないですね。

・ひき殺してしまった運転手が実は被害者だった、ということだ。
運転手の精神状態、今までの事故対応も相当こたえたと思う。
高校生は死んでしまっている。法令無視は大きな悲劇を生むこと大きく報道して欲しい。

・今まで言えなかったことを
死者を顧みず判決を出した
この裁判官はすごい。

・一般人の感覚に近い判決なのではないかと思います。
自動車を運転する場合はもちろん、自転車や歩行者も法やルールを守らなければならないと再確認する事例です。

・一石を投じた画期的な判決だ。
無過失の車が責められるのは問題である。

・亡くなった女子高生は残念だけど
自転車も立派な道交法の対象車両
最近多発している、自転車、歩行者の無謀行為も含めて、交通弱者の考えを改めるべきかと思う。

・こういう判決が出るくらいだから、自転車側の動きがよほど擁護できないものだったのかな
控訴されたら高裁で違う判決が出そうな気もするけど、確定するか見ものだね

・遺族は運転手のせいにしたいんだろうけど、まっとうな判決が出てくれてよかった。
民事で賠償取られないことを願います。