fr阪神守屋功輝投手(26)が23日、兵庫・西宮市内で緊急会見を行った。守屋は妻を殴ってケガをさせたとして、20日付で傷害容疑で書類送検されていた。一問一答は以下の通り・・





-一部報道ではDVやモラハラが。自身の認識は

守屋 夫婦げんかが日常茶飯事に起きてまして、妻の方から暴れだして、ひっかかれたりとかそういうことを止めるために手首を持っていたことはあります。持った上でもまだやろうとするというのがあって、ああいった写真の内出血になったんだと思います。

-守屋選手自身も日常的に暴力や暴言を受けていた

守屋 けんかは日常茶飯事に起きていて、何か妻が思い出すと引っ張ってきて手をあげられたりとか、遠征中はグローブとか通勤で使用しているリュックを壊されたりして。結構、精神的にきつかったというのはあります。


・話題となっている 守屋功輝投手の報道




-守屋選手自身が被害届を出さなかった理由は

守屋 やっぱり夫婦のことですので、そんなことで被害届を出すのは人としてありえないと思っていまして。それでしなかったというのが一番です。

-相手は被害届を出した

守屋 12月中、協議離婚に向けた話をお互い弁護士をつけた上でして、そこで円満に協議離婚の話し合いをしている中で、急に警察の方から電話が入り、被害届が出されているという事実を知って、そういうこともあって、話が決別してしまったというのはあります。

-どのように(今後を)見守るのか

守屋 ぼくはあったことを話すだけで、真実を明らかにしたいというか。そういうとこです・・

(source: 日刊スポーツ - 阪神守屋「遠征中にグローブ壊されたり…」一問一答




・まぁこういう感情を爆発させる女はよくいるよ。グローブなんて仕事をする上での必需品なのに、それを壊すなんて相当な悪妻だね。でも返ってその方が家に居たくない心理が働き、仕事場の方が居心地が良くなって、結果的に出世したりするケースもあるからね。今年のブレークもそういう面があったのかもしれない。

・文春の記事では11月3日に浮気を認めたとか問い詰めたとか女の子と遊んでいたとかあるけど、秋季キャンプ中で安芸にいるし練習もしている。こんなもん証人なんか球場にいるファンや関係者に聞いたらすぐに誤解が解ける

・どちらの言い分が正しいのかと勘繰る以前に
「文春砲だからといって頭から信じるのは危険である」
と、そう解釈します
どうせ「文春砲」は第二弾、第三弾とあるでしょうが
阪神ファンとしては冷静に、お互いの事情がもう少し詳しく出てくるまでは判断を保留したほうがいいと思われます

・タイミングからして嫁側が協議離婚で優位に立ちたいという思惑が出てるね。
世の中には文春は正義で全て正しいと思い込み、加えて追い討ちをかける隠しネタを持ってるなどと思い込んでいる連中が大勢いる。
だが、所詮は金儲けを第一に考えてる営利企業。
裏も取らずに適当な記事もいっぱいあったことを忘れてはいけない。

・守屋サイドが全て正しいとは言わないが、奥さんサイドにも問題あるんだろう。
何故文春?だいぶ前の話を何故今頃?どうして活躍して年俸上がった後で?何故キャンプ直前に?って疑問が持ち上がる。

・野球部のマネージャーをしてた奥さんがそんなことするなんて、、、信じられない、、
(守屋の言うことを信じてないわけではなく)
野球に携わってきたのにどうしてそういう蛮行に及ぶのか理解ができない、大事なものだとわかるはずでしょ

・現段階でどちらが悪いのかはまだわからないけど、守屋が一年目の頃、既婚者は寮に入れないはずだったのに、奥さんの方が野球に専念してほしいからって言う理由で単身で寮に入れてもらってたってあるから、この奥さんに何かあるんじゃないかって思ってしまう。

・大切なものだからこそ壊されたんだろう。
喧嘩くらいで普通はそこまでやらない。
守屋がよほどのことをしたのか、奥さんがよほどの人なのか
はたまたその両方か。

・なぜこうも話が食い違うのか、、、
段々怖くなってきたんやけど、これどっちかが悪くても気持ち悪さがあるな。


・妻への暴行容疑「事実と異なる」阪神・守屋功輝投手が反論