gt5京都アニメーション第1スタジオ)の放火殺人事件をめぐり、ネット上の情報をまとめたサイトが虚偽の情報を掲載・拡散したとして、NHKは24日、サイトの編集長を相手取り、損害賠償など700万円と同サイトでの謝罪広告の掲載を求める訴訟を東京地裁に起こした・・





NHKがまとめサイト提訴「京アニ事件で虚偽情報拡散」


 NHKによると、問題のサイトは「LH MAGAZINE」。昨年7月の事件発生後まもなく、NHKのディレクターが容疑者の遺留品を回収しているかのように加工されたNHKニュース映像の画像を掲載し、「なんで警察が来る前に勝手に回収してんだよ」「NHK共犯説唱えられても仕方ないぞ」などの投稿を引用し拡散。

NHKは「報道機関としての信頼が著しく傷つけられ、社会的評価を低下させた」などとして提訴した。




・これに当該サイトLH MAGAZINEが反論


文書送付にはあらずとも、当方が期日内に代理人に対し回答をしており、上記報道時点ですでに謝罪記事を掲載していたのは明確です。

したがって報道されている内容は「NHKはこれらの情報を発信していたサイト運営者に対し、これまで文書で損害賠償と謝罪を求めていましたが、損害賠償に応じる回答はなく、真摯な謝罪も行われなかったため、やむを得ず今回の訴訟に至ったとしています。」については、明確なデマであります。

これはNHKによる悪質な対応であり、法的措置も辞さない構えです。


●この反論へのコメント

・裁判ではっきりさせるだけなんだからウダウダ言わない

・最初に代理人が削除要請メールしてきたの昨年8月よね、いままで何の電話連絡も代理人とかわさなかったの…

・損害賠償と謝罪を求めるメールとか、最初の削除要請メールの次以降のメールとか、全部公開しろ、隠すとためにならんぞ、竹書房やぞ(レモンすっぱ

・被害者面しててウケる。
まあ因果応報だね。

・売名できてよかったじゃんwww

・まあ、その辺は裁判で争えば良いのでは?
本質的な部分(虚偽の情報発信)について反論できなければ勝ち目は無いと思うけど

・裁判でしっかりやるんだね。
申し訳ないけど、閉鎖の道しかないと思うよ。
今からでも遅くないので、NHKの本部に行って謝罪してこい

・名誉毀損は誰がどう見ても「事実」であり請求部分。被告=素人の反論は「反訴すべき反論」でしかない。併合審理しても判決の額面が下がる程度。ってか真実相当性と事実の違いすらわかってないし…なあ被告、良心に従って真実だけを述べ何事も隠さず偽りを述べぬことを誓えよ今から

・徹底的にNHKと闘うべきだ
デマでなく事実ならばね