t7タレントの間寛平(70歳)が、1月24日に放送されたバラエティ番組「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送)に出演。「革命」「国宝を超えて神」と賞賛されるほどの調査結果を報告した・・





この日、滋賀県の女性から「オナラが出る瞬間の肛門の動きを見てみたい。肛門が持つ笑いのメカニズムを調査してもらえないだろうか」という依頼を受け、間が探偵として依頼者のもとへ向かう。

そして、間や番組スタッフらが体を張ってオナラをする瞬間を撮影。肛門の動きを分析していくが、間が撮影のためにオナラをしようとすると、なんと大便も出てしまい、オナラが出る瞬間どころか大便が出る瞬間も撮影に成功してしまった。




せっかく撮影に成功したが、そのままの映像ではテレビは無理ということで、オナラと大便の出る瞬間はイラストで放送。イラストとはいえ、衝撃の画に、探偵局長を務めるダウンタウン・松本人志は「アカンて!なにしてんの!これはアカンて!なんで出るんですか」と驚愕。ゲストの映画監督・三池崇史氏も「テレビの革命に立ち会えて光栄。(間)寛平さんが国宝を超えて、神になりました」と絶賛した。

放送終了後、間は自身のTwitterを更新。「僕の50年の芸能生活の中でもこれは、、、、、」と自問自答をするが、ネットでは「神回」「長い歴史の中でもトップクラスの問題作」「今のテレビでこれはすごい」「最低で最高」「死ぬほど笑った」といった声が上がっている・・

(source: ナリナリドットコム - ナイトスクープ衝撃の問題作、松本人志「アカンて!」