er池田厚子さん(88)。なにしろ、上皇陛下の実姉である。彼女が園長を務める動物園では、さぞかし動物たちも雅に暮らしているかと思えば、さにあらず・・






 岡山駅の北方、タクシーで1500円弱の地にある池田動物園。岡山で池田といえば特別な響きがある。厚子さんが嫁いだ故・池田隆政氏は、岡山藩主池田家の16代当主で、動物好きが高じて牧場を始め、昭和28(1953)年にそこを動物園にした。だから「池田」の冠がつくのである。

 岡山県はもとより、近隣の鳥取、香川を合わせても、日本動物園水族館協会加盟の動物園はここだけだから、子供のためにも残すべき施設なのだろう。が、それにしては、2016年に死んだ象の獣舎が打ち捨てられたまま。柵が低いので、象が鎖に繋がれていたこともあり、どの獣舎も古くて狭い。「狭い檻をくるくる回ってるだけで、かわいそうやな」という、若い女性の声も聞こえてくる。


・池田厚子さん



 広報担当者に聞くと、「一昨年まで年間11万人前後の方に来ていただいていましたが、去年は9万8千人。毎年1千万から2千万程度の赤字が出て、累積赤字は2億4千500万円。基本的には入園料だけで賄い、ほかに『池田動物園をおうえんする会』からの寄付金や、園長からの借り入れで運営していますが、かなり厳しい」

で、現在は、「キリン、ライオンからウサギまで104種600の動物がいて、従業員18名中、飼育員は9名。1人で10種類以上の動物の面倒を見るのはかなり大変」

 とのこと。ちなみに大阪の天王寺動物園は、180種千の動物に対し飼育員31名だから、かなり手厚い。年間入園者数は昨年167万5千人と、こちらも比較にならない。

 忠政智登士副園長も、「飼育のレベルは高い」 としながら、経営難であることを隠さない。

「前園長の隆政氏が私財を投じて維持されてきたので、現園長も守っていきたいのでしょう。皇族の方々に来ていただく、などと一切漏らさないのは、藩主家系のプライドもあるのでは」・・

・詳細は(source: デイリー新潮 - 上皇陛下実姉の動物園が経営難、お客さんは「動物がかわいそう」





・例えばネットを駆使したり、
クラウドファンディングで募金を募れば良いのに、と思います。
関係者がもう少し柔軟な発想をしていれば、現在の苦境も状況が変わる気がします。

・岡山市民の感覚から言えば、園はそれなりに手を尽くしてる。市が門前払いしてるような印象です。なぜなら岡山市もお金ない、財政破綻黄信号だから。私立で例え今の状況のままでもどうにかやってってくれってのが岡山市の本音だと思ってる。

・池田家は厚子さんが亡くなられると家系断絶しますし、もうかなりのご高齢で神宮祭主も黒田清子さんに譲られ公の場にも出られなくなったので現状ご自身で動物園を経営することは困難だと思われます。
一方の岡山市も伝統的に動きが鈍い体質で完全に宙に浮いている形ですよね。宇喜多家と違って池田家は備前が発祥ではないのでどこかよそよそしさが残っているのも確かですし。

・単に皇室批判したいがために材料を探していたら、あぁちょうどいいところにあったあった·····ってところかな?
凄い文面。

・経営難な動物園はこの他にもたくさんあるのでは?
上皇陛下実姉だからと言って、面白おかしく記事を書いているように感じる。
デイリー新潮は皇族侮辱が好きなようだ。

・…ずいぶんひどい記事ですね…。
まぁ、一部その通りではあるのだけれど、経営的に苦しいなか、いろんなことをやってくださっているのは、地元に住んでいると充分伝わってきますよ。

・私財を投げ打たれてされているところで、市は自分で何とかやってくれ、状態でも、今の状態でまだ維持されている方だよ。
他の動物園とも事情はそんなに変わらないでしょう?募金してもらったり、物を提供してもらったりして何とかしているところは多いよ。

・この記事で手厚いなんて比較されている天王寺動物園すら
飼育ミスと思われる状況で動物が亡くなってたり
コアラを世話し切れないからと他の動物園に移送したりしてる。
日本で動物園の経営が困っているのは共通の問題でここだけでは無い。

・この方、昭和天皇がまだ存命の頃は、自らタバコを販売していたと雑誌で読んだ事があります。
88歳になられたら、実質園長は名前だけではないでしょうか?
私営での維持は難しいでしょうね。

・岡山県人でも 動物を見るとかわいそう…と言う気持ちと昭和感が残る古い檻 急な坂道 傾斜がひどい。市営ではないので意外に料金もする。と言う意味で足が遠のく。