de1944年、お茶の水─錦町河岸間を走る区間が廃止された。同区間の線路は金属供出の対象になったが、御茶ノ水駅の西側、神田川に架かるお茶の水橋の上に敷設されていた線路は撤去されなかった・・





 戦後、お茶の水橋に残っていた線路は自動車交通の妨げになるとの判断が下り、線路の上からアスファルト舗装を施されて封印された。

 このほど、お茶の水橋の道路を管轄する千代田区が改修工事を実施。アスファルト舗装を剥がしたところ、都電の線路が露出した。いきなり都電の線路が現れたことが鉄道ファンや歴史ファンなどの間で、ちょっとした話題になっている。




「道路の下に、昔の都電の線路が埋まっているという話は噂レベルでは聞いていました。しかし、本当に出てくるとは思っていませんでした」と話すのは、千代田区環境まちづくり部道路公園課の担当者だ。

 東京23区内を隅々まで走っていた都電の多くは、昭和30年代から40年代(※1960~1972年)にかけて廃止された。都電が次々に廃止された際、線路や車両は貴重な歴史の証言者であることを理由に博物館や郷土資料館、公園などに保存・展示された。今回発掘された線路は、それ以上の歴史を有するだけに史料的な価値は高い。しかし、保存や保護をしなければならない対象とはなっていない。

「今回の工事で露出した線路は、埋蔵文化財に指定されていません。そのため、区で保存・展示する物ではないと考えています。しかし、貴重な歴史遺構であることは間違いありません。有志で結成している”お茶の水橋都電レール保存会”からも、今後の活用について提案をいただいています。さまざまな意見をいただき、どのように活用できるかを模索しているところです」・・

(source: NEWSポストセブン - 神田川に架かる橋から戦時の線路が出現 保存の道を模索中



・銀座や有楽町など、それこそ網目のように路線が張り巡らされていましたから、掘り出したら他の場所でも意外な痕跡が出てくるかも知れませんね。
石畳どころか線路までも一緒に出てくるとは驚きでした。

・モニュメントとして残ればなかなか素敵たんだけどなあ。刻んでしまうなんてもったいない。
せめてフランジレールをスライスしてペーパーウエイトとして販売すればいいのに。

・乗った事のない都電もレールを見ると、その時代に逆戻りした気分になります。
でも、交通量の多い橋の上だし、ひとときのノスタルジーに浸るだけで良いような気がします。

・まだ掘り返されていないと思われる、もう片方の軌道は、ロードカッターで切り刻まずに、掘り出して、一部でも移設してほしいですね(明治大学のアカデミーコモン前の広場辺りはどうでしょう?明治大学さん)。近代の立派な文化財だと思います。

・構造を変えれれば良いのにね
都電線路上をそのまま残し、歩道にするとかさ

・何らかの形で保存してほしい
戦前の東京、戦時中の東京を見てきた物云わぬ生き証人として

・三丁目の夕日的な光景。是非ともそのままの保存を!

・こんな薄いアスファルトで、よく今まで線路の形が浮き出なかったな。