fre出版社の集英社は7日、『週刊少年ジャンプ』2020年10号に掲載された連載漫画『僕のヒーローアカデミア』第259話に登場したキャラクター名について、「中国をはじめとする海外の読者の皆様に不快な思いをさせてしまいました」と謝罪した・・





 同作に登場したキャラクター「志賀 丸太(しが まるた)」について、「過去の悲惨な歴史の記憶を想起させるとのご指摘を、中国をはじめとする海外の読者の方々から多くいただきました。『志賀(しが)』は他の登場人物名の一部から、『丸太(まるた)』はその外見から命名したもので、過去の歴史と重ね合わせる意図は全くありませんでした」と説明。

 その上で「しかしながら、『悪の組織の医師』というキャラクターの設定とこれらの名前が合わさった結果、中国をはじめとする海外の読者の皆様に不快な思いをさせてしまいました。事前に編集部が表現について十全な検討を行うべきでした。深くお詫び申し上げます」と謝罪した。


・話題となっている「僕のヒーローアカデミア」の志賀丸太騒動


・クレームした人物は海賊版サイトで読んでいた疑惑

 今後に向けて「今回の問題を真摯に受け止め、当該キャラクター名を、紙版においてはコミックス収録時に、電子版においてはすみやかに変更いたします」と対応を明かし、「今後、このような事態を起こさないよう、様々な歴史と文化への理解を深める努力を続けるとともに、多くの人々の気持ちに寄り添いながら、皆様に愛される漫画をお届けしてまいります」とした。

 作者の堀越氏も「『志賀丸太』という名前について、大勢の方に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございません。『志賀(しが)』は、彼がかつての『敵連合(ヴィラン連合)』のボス『オール・フォー・ワン』に心酔し、自らその存在に近づきたいと思ったことから、その本名『死柄木(しがらき)』の一部をとって『志賀(しが)』と名乗ることにしたもので、『丸太』は『丸々と太った』感じを表せればと名付けたものです」と意図を自ら説明。

 続けて「いずれも偶然で、読者のみなさんを傷つける意図は全くありませんでした。心からお詫びいたします」と謝罪し、「今後、二度とこのようなことを繰り返さぬよう、努めてまいります」と決意を新たにした・・

(source: オリコン - 集英社『僕のヒーローアカデミア』キャラ名について謝罪「十全な検討を行うべきでした」





・歴史的背景は無かったのでしょう?
それなら作者が付けた名前でいいでしょ。きちんと説明するだけでいいのでは?
例え今回は適当に付けた名前であっても、他作品で名前に意図を持たせるものもあるはず。
そういう作品に今回のような言いがかりがついた場合どうするの?悪しき前例を作ったね。
い。

・こうやって日本人は「脅せば簡単に折れる」という印象がついてしまう
相手は海賊版を読んだ半島人だよ?
これは毅然とした態度で「そういう意図はなかった」で終了するべきだった

・作者の意図しないというか、気づきもしない事に世間が敏感に反応しただけだと思う。
まぁ出版社のフィルターを通ってしまったのが良くなかったな。

・「不快にさせる意図はなかった」程度で十分だと思います。
毅然とした態度を取ってほしい。

・意図的では無いなら謝罪までする必要は無いと思う。

・確か京都には丸太町通と丸太町駅がありましたが、これも名前変えるのでしょうか?
うるさい外野にいちいち反応すると大変なことになるので無視が一番いいと思いますよ。

・現存するマルタ島の名称や、歴史のマルタ会談などはどのように対処すべきなのでしょうか。音の響きだけですべて蔑称や、差別的なものとみなす風潮に恐怖を感じます。

・本誌紙面を割いて漫画村を非難した集英社が、違法ダウンロードで閲覧したファンですらない連中に屈したことが残念でならない。
私はこれからも彼のことを「丸太」と呼び続けます。
なぜなら日本人だからです。

・有名人が「丸太の木が好きです」と言ったら叩かれるのか?政治的背景など過去のしかも外国での話をなぜ漫画でこういった対処しなければいけないのか理解できない。謝罪と訂正をした事により丸太という言葉がタブー視される前例を作った罪は深い。

・謝っちゃダメだろ。
連想させる人に配慮するなら、
連想させない人にも配慮しなければ、
均衡を欠くのでは?
集英社は、文句ゆうたもん勝ちの社会を支持するのか。