32お笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(50)が17日、インフルエンザのため、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)の生放送を欠席した・・






 同じくMCを務める同局の水卜麻美アナウンサー(32)は前週、「お休みと取材」のため番組を欠席していたため、お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(36)が「おかえりなさい!」と水卜アナの“復帰”を歓迎したものの、水卜アナは「そしたら加藤さんがいなくなってました…」と苦笑。

 あらためて、近藤が「加藤さん、インフルエンザにかかってしまいまして今日からお休みってことなんですけど」と加藤のインフルり患を報告。「熱が出たりしてインフルエンザもつらいと思うんですけど、お大事に…」と呼びかけ、水卜アナも「本当にそうとしか言えない…お大事に」と応じた。


・17日のスッキリ


 この日から森圭介アナウンサー(41)も冬休みで欠席。水卜アナは「逃げられました。凄く寂しいです。2週間会えないという形ですけど」とさみしがった。

 この日番組で紹介した世界の祝日カレンダーによると、17日はカナダの「家族の日」という祝日。番組のコメンテーターで俳優の小澤征悦(45)は「だからか、だからだ。疑ってますから、インフルエンザじゃないと思う。どっかで温泉に入ってると思う」と“疑惑”を向け、笑いを誘っていた・・

(source: スポニチアネックス - 加藤浩次 インフルエンザで「スッキリ!」欠席





・インフルだから休むのは当然だけど、スッキリって番組はしっかり長期休みとれたり、ホワイト感強い。そこは本当に好感もてる番組。無理をしない、今の日本にめっちゃ大事!

・仕事に穴開けてしまう罪悪感は分かりますが、会社でインフル診断受けた方が、ゾフルーザ飲んだからいけると翌日来た方います。
本人はそれでよくても周りが不安ですし、感染源わかりませんが前の席が遅れて罹患しました。

・新型肺炎で情報が溢れて隠れているようですが、インフルエンザもしっかり流行ってます。
インフルエンザはしっかり検査や治療薬が確立してますが、感染力はありますから注意が必要です。新型肺炎の予防は同じなんですけどね。

・今年初めてインフルエンザ経験しました。2日間強烈な頭痛の後、3日目から声が出なくなった。こんなにしんどいのは、もう二度と経験したくない。加藤さんしんどいですけど、ゆっくり休んで下さい。お大事に。

・どうもアメリカのインフル大流行ってもしかしたらコロナも入ってるかもって話。
疾病センターの「検査やってます」も嘘みたい。今から検査キット全米に配るんだと。
コロナ持ち米人が流入してたハワイ帰りだと要注意。当然芸能人もね。

・あれだけ感染症の予防法を説明してた人がかかるんだから、やっぱり念には念を入れて行動しないといけない。

・多分お子さんからの感染でしょうね。
私は独身で余り人が集まる場所へは行かない様に心掛けているので、もう数十年インフルエンザに感染した事が有りません。対して家族持ちの友人は毎年の様にインフルエンザに掛かっていますね。

・本当にインフルエンザなら良いけど。新型肺炎ではない事をいの祈るのみ。都内に住んでるなら新型肺炎を疑って検査した方が良いかもね。

・この前通院で病院に出かけたら
A型は終息してきたが、
B型は流行りだしているらしい。
油断は禁物です。