43『とくダネ!』(フジテレビ系)では、横断歩道ではない場所を渡ってしまう「乱横断」について特集。番組に乱横断している現場を目撃された歩行者の言い分に、怒りの声があがっている・・





番組では、JR赤羽駅前で乱横断の実態調査を実施。付近には歩道橋や横断歩道もある現場だったのだが、横断歩道ではない場所を横断する歩行者が相次いでいた。

そんな乱横断をした人を番組スタッフが直撃すると、「トイレに行きたくて、コンビニを発見して急いでいた」という人や、荷物を運んでいた制服姿の男性は「ショートカットのため」など、危険な行為と分かっていながらも、様々な事情でつい乱横断してしまったという人が目立つ結果に。


・とくダネ!


しかし中には、「法律はいいんで。僕の人生の時間を大切にしたいんで。80代のおじいちゃんだったら確実に危ないと思いますが、僕は運動神経とか反射神経とか半端ないので、多分大丈夫です」など、若さからか自身の運動能力を過信している様子の人も。

さらにこの歩行者の男性は「逆に横断歩道あるじゃん、渡っていいところ。そこだと逆に油断して事故に遭う確率が高いんです。ああいうところだと、危険だっていう前提があるから逆に安全じゃないかっていう僕の持論があるんですよ」と、独特の持論も展開した。




インターネット上には、この特集について「とくダネで『乱横断』による交通事故について特集してるけどホンマこれ迷惑」「乱横断は歩行者だけじゃないぞ自転車も酷い」「歩行者の乱横断 これで、車が圧倒的に悪くなるのだから冗談じゃない」など、乱横断の危険を訴える切実な声が続出。

その一方で、自分を過信していたり、危険な行為を悪びれない歩行者の実態については、怒りの声が相次いでいる・・

(source: しらべぇ - 『とくダネ』取材中に“乱横断”した男性 「まさかの言い分」が物議






・記事の真ん中あたりの「逆に安全」とか言ってる奴、完全に頭沸いてる

・正に独自の主張w 事実は乱横断の方が事故率高いという・・・ 当り前じゃね?

・定められた場所を安全確認しながら歩くのが一番安全に決まってんだろど阿保。お前が運動神経で躱せて大丈夫だったとしてもハンドル切った運転手が死んだらどうすんだよお馬鹿。自分が優秀だからルール破っても平気だと思っているようだが、他人の配慮があってお前らの命があるんだぞ。車がブレーキ踏まなきゃ死ぬのは歩行者なんだからな。

・交通量の多い都会とかならともかく、あまり交通量の多くない田舎とかだとあまり気にならないな。そして、別の記事でもあったけど、信号の無い横断歩道だと車が止まってくれないってのもあって、だったら渡っちゃえってなるのもある程度はわかる。この記事にあるように必要以上に持論で言い訳してるのはかっこ悪いと思うけど。

・他にも「車が無ければ必要のないルールだから」とか「車やバイクと違って自転車と歩行者は移動に労力使うから」って言い訳も聞いた事ある。 交通マナーは大阪や名古屋が良く言われるが東京も結構ひどい。

・こういう主張って小学生、まあ、いっても中学生くらいまでだよなあ。ある程度年齢が行けば、車の運転手は大体の事は金で解決できるけど、怪我の痛みや下手したら命を失うのは自分(歩行者)だって理解出来るんだけどね。しかも今はドラレコつけてる車も多く、過失割合が歩行者側に傾く事例も少なからずある訳だし、轢かれるリスクを負うことは、どう考えても割に合わない。

・これは見てて笑った。一言なら単に「図々しいやつ」で終わるのに、なっがいんだよないい訳が。何を正当化しようとしてるのか・・・・。