fsdr学生と思しき男女約10名が、ピザや菓子を賑やかに囲んでいる。ピースで写っているのは、いま話題のアイドル「豆柴の大群」のメンバー、ナオ・オブ・ナオ(20)だ・・






「当日は、友人の引っ越し祝いの会で、19時ごろ始まった。終電で帰る人もいたが、ナオはみずから『泊まる』と言いだして、友人男性らと朝まで雑魚寝していた」(参加者のひとり)

 年ごろの女性が雑魚寝とは、たくましすぎる気もするが、問題なのは、置かれている飲み物が、缶ビールや缶チューハイ、焼酎などアルコールばかりなことだ。会が開かれたのは2018年11月。当時ナオは19歳、未成年だったのである。

「ナオは、缶のアルコール数本と、シャンパンなどを飲んでいた。泥酔することはなかったが、この日以外にも飲酒することはあった」(同前)


・豆柴の大群



 2019年12月に、ナオが全国デビューしたきっかけは、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)内の企画「モンスターアイドル」。安田大サーカスのクロちゃん(43)がアイドルをプロデュースするという、同番組の目玉企画だった。

「クロちゃんの “ゲスさ” に振り回されながら、メンバーが選抜されていく様子がドキュメントで放送され、話題を呼びました。現在も、クロちゃんのアドバイザー権をかけて、MV再生回数対決が進行中です」(音楽関係者)

 ナオは、男性に媚びないリーダー的な存在で、いまやクロちゃんからの信頼も厚い。だが前出の参加者は、彼女をこう評する。




「オーディションの序盤、ナオはクロちゃんに好かれようと『好き』と言うなど、あざとい面を見せていた。あれは、地元にいた当時も同じ。

 男友達に別れ際にハグをしたり、誕生日を男性2人と過ごしたり。周囲は、『素直でピュアなコ』と信じきっていたが……」

 未成年のころの飲酒について、所属事務所の渡辺淳之介代表に確認すると、次のように回答を寄せた。

「本人は飲酒の事実を認めており、悪いことをしたと反省しています。グループ所属前の出来事ではありますが、私としても残念なことと受け止めています。本人も反省していますので、その思いを、今後の活動のなかで見せていってくれることを願います」・・

(source: SmartFLASH - 「豆柴の大群」ナオ・オブ・ナオの「未成年飲酒」写真





・良くない事だけど、悪質な犯罪なら解るがこのレベルの昔の事まで引きずり出してくる最近の傾向は疑問に思う、得をするのは週刊誌くらいだろう。

・少なからず、多くの人が悪い事をした経験はあるだろう。グループに加入する前の出来事をわざわざ引っ張ってくる事はない。活動は続けて良い。過去の事です。

・芸能人に対してどこまで品行方正を求めるのか?こんな報道、いったい誰得なんだろうか?別にこの子が売れようが消えようが、個人的にはたいした興味は無いが、芸能界で頑張っていこうとする若者の芽を摘むような粗探し報道には違和感しか感じないな。

・どーせこれ、友達が週刊誌に写真売ったってパターンでしょ。
よく見る宅飲みの写真じゃん
この写真の頃は一般人だったのに、時間経って今頃売れたからってゲッスイ友達だな。

・友達に売られちゃったかね〜…残念。
水ダウみてないので「誰?」状態ですが。
19歳で飲酒とか、結構な確率で多くの人がやってると思うけどなぁ。大学に現役で合格したら19だし、歓迎コンパとかやると飲まされますしね。

・よくお酒大好きとか酒豪とか言ってる20そこそこの人芸能人でも結構いるけど20歳になってから飲み始めてその歳で酒豪とかなかなか有り得ないと思う。
そういうひとは絶対未成年飲酒していたと思う。

・オーディションの一連の流れをみていたら、特に意外さを感じない記事ではある。清楚系という感じもしないし、どっちかっていうと強かな感じかなと。
ただ飲酒肯定するコメントも本質見失っていてどうかと思うけど。