311新型コロナウイルスで慌ただしい首相官邸の記者クラブ「内閣記者会」加盟各社に2月17日夜、加盟社の一つである共同通信から「新型肺炎で御報告」と題した文書が送られた。その文書が、官邸中枢に波紋を広げている。文書にはこうあった・・





〈東京都が昨日(16日)発表した新型コロナウイルス感染者の一人であるハイヤー運転手の60代男性は、1月末から2月初めにかけて4日間、共同通信の業務に従事していたことが分かりました〉

共同通信はこのハイヤーに乗車した記者ら10人を自宅待機とし、保健所に相談しているという。共同通信の関係者が語る。


・感染のハイヤー運転手、共同通信の業務に従事



「念のため10人全員、自宅待機となっているけれど、誰も症状は出ていません。ただ、そのなかに安倍総理番の若手女性記者が含まれていた。彼女は共同の何人かいる総理番の1人で、総理と面と向かって話すというよりは、総理の背中を追っかける感じですね。今のところとても元気で、感染しているような気配はないようです」

 この知らせに記者クラブ一同は大慌てとなった。加盟社の官邸記者は語る。

「その日の午前中には共同通信の記者から一報を聞いていたのに、正式な通達は夜になってからだったので、ちょっと対応が遅いんじゃないかと記者会では不満の声が上がっています。総理番は、総理だけでなく秘書官も担当している。万が一にも秘書官に感染すれば総理にも感染させてしまう可能性があります。記者会では今、取材先である総理らに迷惑をかけてはいけないと、みんなマスクをつけはじめています」・・

(source: NEWSポストセブン - コロナウイルスで自宅待機の共同記者は「総理番」だった





・総理を含めた国会議員もコロナウイルスにかかると真剣に対応するようになるかもね。
他人事だと危機感が薄くて真剣味が足りない。

・共同の記者だけでなく、同じ会見現場や待機所にいた記者への感染している可能性があるな。喫煙者のほうが体内でウィルスが増殖しやすいという説も報道されたばかり。記者は喫煙率が高そうなイメージがあるが、実際はどうなのだろう?
感染者が出たら、記者クラブ制度が仇になってしまったということになるのかな。

・良い傾向です。政府が本気になることを期待しています。
何事も、他人事ではダメですよねー

・笑ってはいけないが、思わず吹き出してしまった。
「院内」感染(の恐れ)で、自分たちの不手際を体感してもよいのでは?
いい薬になるかも。
しかし、単なる偶然ではあるが、発症したら、違う意味で世界注目の的ですね。

・似たことを思う人が多いようですが・・・、この人は自分に危機が迫らないと(身体的にはもちろん、立場的な意味も含めて)、真剣に対処しようとはしない。先だっても「緊急対策を週明けに」とかいう発言がありましたが、非常時に国家元首が土日挟んで「緊急対策」も何もないでしょう。

・不謹慎な話だけど、内閣中枢にも誰か感染者が出ればいいんだよ
自分達のやっている危機管理がどの程度か知るには良い機会ではないの