fgfr1980年代に大ヒットしたヤンキー映画『ビー・バップ・ハイスクール』で仲村トオルととともに主演を務めた清水宏次朗が、20日放送のフジテレビ系『直撃!シンソウ坂上』(後9:00)に出演・・





『ビー・バップ』以降もさまざまなドラマで活躍していた清水だが、現在はある病によって芸能活動休止を余儀なくされていた。

番組では「今はもう体が動かないから」と語る清水の闘病生活に、7ヶ月にわたり密着し、病の真相に迫っていく。




わずかな段差でもつまずいてしまうという清水の歩行姿は背筋が曲がり足元も弱々しく、時には妻の手を借りなければひとりで歩けない時もあるという。

以前は起床後にパッと動けたというが、今は起床してから体が動くまで1時間もかかることがあることが発覚する。





清水が体の異変に気付いたのは、10年ほど前で、あまり汗をかかない体質だったにもかかわらず、寝ている間に、髪がびしょびしょになるほど発汗。さらには、昔は外出が好きだったのに、何事にも無気力で外出を避けるようになり、仕事でどうしても外出しなければならない時には、突然、手が震え冷や汗が止まらなくなったと明かす。

清水が、そうした体調不良の原因を探るため検査を受けると、医師から思いも寄らない病名が告げられる・・

(source: オリコン - ヤンキー映画『ビー・バップ』主演・清水宏次朗、病気で芸能活動休止「体が動かない」




・ヒロシとトオル、原作イメージのままの適役でタイムリーに漫画を観ていた年代として清水さんは憧れにも似た存在なだけにこういう現状は想像すらしなかった。

・実写ビーバップ見たとき仲村トオルより清水宏次郎の方が原作のヒロシにそっくりと思ったよ
ビーバップの1作目はとにかくアクションが凄かったその後のビーバップ映画のシリーズの核を作った作品
ボンタン狩りが懐かしい響きw

・大ファンです。今でも、たまに歌を聴いたりしてます。素敵な歌声で上手いし、全盛期にはコンサートにも行きました。病名は以前に聞いたことがあります。まだ、お若いので復帰を期待したいです。

・仲村トオルや小沢仁志などビー・パップハイスクールの出演者たちが今も華々しく活躍する中、清水宏次朗だけは最近見かけなくなった。
まさか、彼が医者も手をつけられない難病にかかっていたとは。

・ビーバップ世代だからかなぁ、最近のヤンキードラマ・映画は全く見る気にならない....。チラッと見ても全部ビーバップのパクリにしか見えない。
俺も断然ヒロシ派でした。あの短ラン・ボンタンめっちゃカッコ良かった!

・昔の目薬のCMソングに三曲位使われてましたよね?
アニソンも一曲有りますし。
俳優としても好きですが歌手としても評価されてもいい人です。

・トオルは優し気な感じがしてて、やっぱヒロシの方が短ランとボンタンが似合っててカッコ良かった。
あれから清水宏次朗さんは、テレビの露出が少なくなって少し寂しく思っていたけど、まさか病気だったとは。

・以前何かの番組に出てたのを見て愕然とした
その時は更年期障害と紹介されていたのだが・・・