freタレントの中居正広が21日、記者会見を開き、ジャニーズ事務所を退所・退社することを明らかにした・・






中居正広がジャニーズ事務所から退所・退社


 スタート前から記者たちに冗談を飛ばし、和気あいあいとした雰囲気に包まれた会見だった。

ただ一人で登壇した中居は「“退所ロングインタビュー”を始めます」と笑顔を見せ、「3月いっぱいをもって退社・退所することになりました。あと1カ月ちょっとあるんですが、これまで通り、4月以降もこれまで通り、できる限りやりたいなと思っております」と挨拶。そして、決断に至った経緯について、次のように語った。


・中居正広ジャニーズ退社へ 


 「去年の5、6月くらいに会社の方とファーストコンタクトのお話をさせてもらって、“退所・退社を考えております”と。ただ、明日にでも、一日でも早く辞めて、この会社以外でやりたいことがある、というわけではなかったので、タイミングを見計らいながら日程を決めていきましょうかと言っていました。ただ、その直後にジャニーさんが体調を崩して倒れてしまいました。

僕自身も会社も、どういう風に容態が変化していくかの見通しもつかない状況だったので、僕どころではないなと。その後、ジャニーズさんが亡くなりました。お葬式とかもあります。このタイミングじゃないのかなと。そして夏が終わって、秋にかけてお話しようかなと思ったんですけど、また誰々が辞めるとか、誰々君が…とかでバタバタしますねと(笑)。でも、その時に“俺、タイミング見計らっってたら辞められないな”って(笑)。

タイミング見てたらハプニングも、トラブルも、いい話もあるので、本当に決めないといけない。年末にはSMAPを解散してちょうど丸3年だったんで、このタイミングかなとは思ってたんです。それでもジャニーズ事務所にいながら会社を作って、準備ができてからじゃないかなということで、延ばし延ばしで3月、というタイミングになりました」。

 設立した新事務所の社名について問われた中居はひたすら照れながら「のんびりな会」。「ひらがなで“のんびり”…“なかい”は中居…じゃなくて”な会”です」と笑いを誘った。その後は時折立ち上がって身振り手振りも交え、先輩・東山紀之のモノマネもするなど、記者からの質問に丁寧に対応していた。


中居正広、SMAP再結成「0ではない」不仲説笑う


SMAP解散から3年2カ月が経過したが、当時から一部で報じられてきた不仲説について「なんで知ってるんだろうと思っていました」と冗談交じりに明かしつつ「当時の報道はよく見てないですし、まあ不仲でいいんじゃないですかね? 本人たちがどうか分かっていればいいことなので。あの騒動を経験したことは、貴重な経験でした。報道で出ることを敏感になっていた時もあるけど、それが積み重なると鈍感になる。不仲でいいんじゃないですか? 実際? それは言わない。不仲って思っててもいいとは思ってます。細かいところ詰めるときりがないので」と話した。

またSMAPの再結成については「(中居が考えるエンターテインメントの可能性の)1~99%の中にはあると思いますよ。0ではない。それぞれの環境もある。話をするにしろ、重ねていかないといけない。1人ではないんです」と可能性がゼロでないことを示唆した。