rr「1400万円もかけて購入したフェアレディZが、ポンコツ車だったんです」 本誌に悲痛な叫びを訴えるのは、千葉県で会社を経営するA氏(70)・・






事の発端は、2018年の自動車業界の見本市「東京オートサロン」でおこなわれた、とあるオークションにさかのぼる。

「2018年1月12日に、『東京オートサロン・オークション with BH Auction』という、希少価値の高いコレクションカーを対象としたオークションが開かれたんです。当日は、堺正章さん(73)が、『BH Auction社の名誉顧問』という肩書で登壇し、挨拶をしていました。

 堺さんはクラシックカーのレースに参戦するなど、車好きのあいだでは神様のような存在。『堺さんが出る』と聞いた時点で、このオークションは信用できるものだと、すっかり安心していました」(A氏、以下同)

「名誉顧問」の肩書で登場した堺だが、現在は同社の取締役に就任している。A氏は、この会社の社長を務める武井真司氏(50)とも10年来の交友があり、それも安心感を高めた理由だった。


・A氏が購入した、“ビンテージZ” とよばれるフェアレディZ


「私はもともと、国産のビンテージカーには興味がなかったんです。でも、2018年のオークションの前に、武井さんから出品カタログに掲載されている1996年式のフェアレディZを見せられました。

 そして、『(落札して)年末に開催されるニューヨークのオークションに出品すれば、2000万円くらいに跳ね上がる』『エンジンもすぐに動くから、売れるまでは乗って楽しめる』と入札を強くすすめられたんです。

 さらに、武井さんが発行人を務める雑誌にも、このフェアレディZの走行距離がわずか数kmで、新車同様の状態だと書かれていて、『鑑定書や、オーナーズマニュアル、保証書もある』と記載されていました。

 武井さんも堺さんと並んで、業界内では超がつくほどの有名人です。彼の言葉を聞いて舞い上がった私は、フェアレディZの状態をろくに確認もせず、購入してしまったんです」

 A氏は最終的に、落札手数料を含む1425万6000円を支払った。しかし、届いた車は “ポンコツ” だったという。

「届いたときにはゾッとしました。そもそも、エンジンがかからないんです。

 自動車整備工場で見てもらったところ、『きれいなのは塗装だけ。クラッチやミッション、ブレーキなどは固着している。ラジエーターも錆だらけで、エンジンルームのオイル漏れも酷い。動かせるようにするには300万円かかる』と言われてしまいました。

 武井さん・堺さんを信用して買ったのに、こんなことになってしまい残念です。私は、裁判に訴えます」・・

・詳細は(source: SmartFLASH - クラシックカー販売トラブル「堺正章さんの会社を訴える!」





・通信販売ならともかく、オークションは現物確認が基本だから(見ないでも買えますが)A氏の主張は通らないでしょ。

・堺氏は関係ないし、元々クルマに興味がなく無知で将来の値上がりに目が眩んだA氏がオークションに手を出すから悪いのでは?
良く中古の現状渡し販売の店や、ヤフオクで現状販売の意味もわからずクルマやバイクを買ってクレームする素人さんと同じ。

・クラシックカーとはそんなものです。
その状態からリビルドし手入れをして流通困難な部品を揃えて整備していくものなんです。
現状引渡しが嫌なら整備費用の見積もりでももらい購入の判断をすれば良かっただけです。
新車、新古車じゃないんだからある程度は察しがつく取引だと思いますがね。

・A氏はオークション初めて?
高価な品こそ現物確認は常識ではないでしょうか。
実際、クラシックカーはパーツ一つ手に入れるのにも困難で維持費は現行新車の数倍かかります。
逆に300万円で走れるのは安いと思いますが、、、
どうも、記事を読んでいたら転売目的での購入でしょ

・A氏がおかしいと思うねぇ。
どうも転売屋のようだし、車好きというよりはお金好き。
こういう人が過剰に価値を釣り上げていくんでしょうなぁ。
好事家の中に投資家が割り込んで勝手な文句を言っている印象。

・A氏が問題有りだね。
クラシックカーなんてそんなもので塗装が綺麗←これはかなりの価値が有るのよ塗り直しと出荷当時のままでは雲泥の差がある。
クラシックカーの直ぐ動くはそのまま乗れるとは違うそれなりのメンテが要るがフルレストアみたいに何年も掛からないとの事でホンマにクラシックカーとやらを理解し無いで転売利益を見込んで買うからこう言うトラブルになるんよ。
裁判しても負けるから無駄だよ。

・このオークション、事前確認はできますがエンジンはかけられません。もちろん試乗もできません。見て、乗り込むだけが精一杯なので、届いたらエンジンがかからなかったというのはあり得ますね。エンジンルーム内はカタログの写真映りをよくするために磨きますから、普通なら動くと思うはずです。あとは担当者とどれだけコミュニケーションを取るか、ですね。
しかし、本来なら投機を目的にしちゃダメでしょう。乗ってナンボですし、良い勉強をしたということでしょう。