frr新型コロナウイルス感染拡大を受け、国際オリンピック委員会(IOC)で1978年から委員を務める最古参のディック・パウンド氏(カナダ)が7月24日開幕の東京五輪の影響について「1年延期」の可能性に言及したとロイター通信が26日、報じた・・





 弁護士でもある同氏は「もし日程の再検討が必要となれば、理論上は同じ開催時期で2021年に延期される可能性がある」と指摘。年内の延期については欧米のスポーツと開催時期が重なることから「非常にまずい」と否定的な見解を示した。

 その上で「看過できない事態でなければ、7月24日から開催する」と現状を説明した・・

(source: 共同通信 - 東京五輪「1年延期」に言及 新型コロナでIOCの最古参委員


・IOC委員 東京五輪中止も検討 判断は5月下旬まで



・延期できるのであればその方がいいのかも
個人的には1年延期には賛成。仮に今年無理に強行しても感染リスクは高いし、出場取りやめの国も出てくるかもしれない。場合によっては無観客試合が出てくるかも。

・無理に強行開催して、万が一アスリートや観客に感染者を出したら、感染症のオリンピックとして歴史に残る。
治療薬が開発されて、感染してしまった場合の脅威を抑えた上で開催できるなら、1年延期もありだと思う。予定通り開催か中止しかないと言っていたのだから、延期もありうるというのはいい話なのでは。

・重要なのは、各国から選手団が来日を決断できるか、ということです。そして大会をサポートする万単位のボランティア、観客が本当に集まることができるのか、ということです。物理的に開催できなくなれば、東京都が決行を宣言しても開催はできませんよ。結局は日本の状況が相当に改善し、感染患者が回復し社会復帰して問題はないことが多くの事例で確認されていかないと難しいと思います。

・率直に考えても賛成ですね?
マラソンのドタバタを見るに
再考出来るチャンスがあるし
新国立競技場の改善にも着手出来る。

・選手の皆さんには気の毒ではありますが、それが最善な判断かと思います。
日本も終息まで時間がかかりそうですし、選手を派遣するほうも感染拡大中のことが普通に予想されます。
何よりも感染におびえながら開催しても誰も喜べないでしょう。
もう早めに決断したほうがよいと思います。

・IOC の内規に開催は7月か8月という規定があるので、秋への延期は難しいだろうし、感染が終息がしている可能性が高い1年後の夏であれば延期する時期としてはいいと思う。暑さの問題は残るが。ここまでの準備を考えればなおさら。