e43月23日、『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系)が放送された。番組では、福岡県の「イタリア会館」で館長を務めるイタリア人のドリアーノ・スリスさんを紹介。ドリアーノさんは、明治時代に福岡で誕生した筑前琵琶を作る唯一の職人でもあった・・





テレビ東京では、「情報・ドキュメンタリー番組」の枠に入る同番組。だが、放送された番組編集に異論が広がっている。

初め、スタッフは電話でドリアーノさんに取材を交渉。しかし、「バラエティ番組だと取材はNG」と断られてしまった。だがスタッフが「基本はドキュメンタリーです」と説明すると、「直接会って決める」という流れに。

その後ドリアーノさんは、改めて密着取材を依頼されると「バラエティ番組は嫌ではない」と告白。その上で、「外国人がやっているからといった理由は悲しい。笑い者じゃない」と取材を断った本心を語った。


gtr


始終一貫して、真摯に応じるドリアーノさん。スタッフは「琵琶のことで笑わない」と約束し、1日だけ密着取材の許可を得た。だが密着取材の様子が映し出されると、司会のお笑いコンビ・バナナマンの笑い声や“イジり”とも取れるテロップが流れたのだ。

例えばドリアーノさんの妻が話している際も、飼い猫に焦点を当てて「ネコとYOUが気になって話が入ってこない」というテロップが表示された。他にも琵琶造りの雰囲気を伝えるため、ドリアーノさんに作業を見せてもらったが日村勇紀(47)は大爆笑。


999


このような番組編集に、視聴者から非難の声が上がっている。

《今日のYOUは何しに日本へ見ていて不快だった…最初に面白おかしく撮らないでって琵琶職人の方が言ってたのにフザケて編集しすぎでは…? 日本人でもよく知らない琵琶について広めようとしてくださっていたのに失礼な編集だったと思います》

《琵琶職人の方をプロとは思えない失礼な取材・悪意のある編集・真剣に向き合う方を茶化すようなつまらない映像を作って何を伝えたいのか? バナナマン好きやのに、その陳腐な映像に乗るようなトークで少し悲しくなる》

《笑いのためのものじゃないからと取材を拒否する人に、絶対に笑わないから、と取材を許可してもらったくせに初手で笑っていて感覚を疑った》・・

(source: 女性自身 - 『YOUは何しに』番組編集に非難噴出「失礼」「感覚疑う」の声


・ドリアーノさん



・本人にバレなければいいと思っているのかな?
これから素直に楽しめないよ

・バラエティ番組だから出演してくれる方の意向を無視してやりたいように演出していい訳ないよね。
最近はスタッフにも演者にも驕りが見えてきて嫌い。

・観てましたが結局バラエティー向けに編集してしまうんだよね。
ドリアーノさんはラジオで聴いた琵琶音色一つで人生を変えた事、師に五年間無給で教わった事、日本語が解らないのに博多弁の師の言葉に苦労した事。
他のコーナー使わなくてドリアーノさん一つで
特集出来た位の話。
ドキュメンタリーとうそぶいて編集はスガシカオの曲を使ってプロフェッショナル観たいにつくる。
編集は最低。
この番組では無くても良い番組はあるので
ドリアーノさんがまた観れて後継者も決まることを願います。

・プロの職人に対してリスペクトのない取材はダメだ。
この取材にあたったスタッフたちはプロではなかったということだな

・んー、確かに不快でしたね。
完全にバカにしていました。
ああいう世界で、馬鹿みたいに無駄に経費を使い、
ものすごいお給料をもらっている人は、
「芸能人」には媚び諂うけど、
「一般人」には完全に上から視線で対応し、バカにしていますね。
テレビに出してやってるのに文句あるのか?
という感じでしょうね。

・本人が念押ししたことを無視した編集に大きな問題がある。ご本人に直接謝罪した上で番組内で謝罪されたほうが今後のためになると思います

・面白ければなんでもいい、で
やりすぎて番組終了につながった企画は結構ある。
生放送でないなら、最悪編集でどうにかなるのに、
今回はテロップがさらに悪化させてるから
救いようがない。作り手の感覚がマヒしてるのかな。