gvgtr「“黒い家”って、このへんではかなり有名なんですよ。あの日も『てめえはホント馬鹿だな!』と火のついたような怒鳴り声が聞こえていた。『ぎゃあ』とか『あぁ~』とかお子さんが激しく泣きわめいている声が聞こえてくるので、うちの子は怖がっていたんです」(近隣住民)・・





 そんな療養中の富川アナに一体何が起きたのか。取材班は、富川アナの自宅周辺での複数の目撃証言とともに、警察官らが事情を聴取しようとしている現場写真、さらに富川アナの妻による尋常とは言えない怒声が収められた“音声データ”を入手した。

 実は、複数の近隣住民の証言によれば、富川家の起こしたトラブルはこれが初めてではない。近隣住民は日々戦々恐々として過ごしているという。

「『だからお前は脳みそが腐ってんだよ!』という、富川さんの奥様の怒鳴り声が聞こえてきたのです。ビックリして外を見てみると、富川さんの奥様がご自宅の屋上で、中学生のほうのお子さんを叱っていたんです。『早く寝ろ!』とも怒っていらした。その声の大きさとただならぬ雰囲気に他の住民も何事かと外に出てきて、“黒い家”の様子を窺っていました。そして、その絶叫から10分後くらいに、2人組の自転車に乗った警察官が駆けつけてきました」


・話題となっている 富川アナの報道




 富川一家は3年前に越してきたばかりだという。新築3階建て、屋上付きの一軒家。このエリアにはマンションや戸建てが密集し、富川邸の裏にはファミリー向けの大型マンションが建っている。近隣との距離はかなり近い。富川一家が越してきて間もなく、その絶叫は近隣の間で噂になったという。

「引っ越し直後から奥様の怒鳴り声は聞こえてきていました。『馬鹿!』『おめぇ!』『ふざけんじゃねぇ!』などと、とにかく乱暴なんです。以前、秘書に暴言を吐いて話題になっていた、女性の国会議員みたいな怒り方ですよ」(同前)

 記者が「豊田真由子元衆院議員のことですか?」と聞くと、近隣住民は「そうそう!」と大きく肯き、こう続けた。

「あの『違うだろう、違うだろう!』『お前はどれだけ私の心を叩いている!』『馬鹿かお前は!』って、あの議員の罵声を(報道で)聞いたときに、『隣の家と一緒だ!』と思ったんです」
 
 複数の近隣住民が同様の証言を寄せた。富川一家が越してきてから3年もの間、近隣住民たちはその騒音を我慢しているのだという。富川アナが新型コロナウイルスに罹患して少しは落ち着くかとも思われたが、退院して自宅に戻ってきてからは、さらに拍車がかかった・・

・詳細は(source: 文春オンライン - 【音声入手】「どこまで頭悪いんだよ!」報ステ富川悠太アナ コロナ療養の自宅に警察・児相が緊急出動





・富川アナが小川アナに辛く当たったと言う噂もあったけど、嫁に頭が上がらない鬱憤を外で晴らしていたのかもしれないな。この嫁の口調はお里が知れると思う。

・本人への風当たりも強そうだし、番組に復帰しても本人も家族も辛いことになりそう。もう潔く降板して、少しのあいだ閑職に回してもらって家族の再構築だか再生を目指した方が自身の人生で考えたらその方がずっといいかも。

・あと二年もすりゃ復讐されるだろ。
こういう家庭の子供が腕力つけたらあっという間に立場が逆転する。
「母親が常に顔腫らしてる」なんて噂がたつようになって、どこぞで聞いたような結末になるかもな。

・この記事が本当だとしたら、お子さんが気の毒でならないです。
コロナで不安の中、学校も休みでどこにも逃げ場がない。
表沙汰になったことで収まるといいのですが。

・なんとまぁ大変な家族で。
怒鳴り散らせばいいと考える親のレベルなんて…
虐待が疑われる家族の一人が報道番組のメインキャスターって…
報道ステーション。もう終了でいいのでは?

・なんともいたたまれない。
何か起きてからじゃ無いと行政も動けないんでしょうが歯痒いですね。
記事の通りDVが増えているという事を目にしますが、その渦中にいる人達は自力で抜け出す事は出来ないんでしょうね。

・こういう家族がいると毎日地獄だろうな
奥さんも同じ境遇で育ったかもしれないし・・

・こちらの記事を読む限り、奥様の怒鳴り声や恐怖を与える内容と騒音は聞く人に恐怖を与えるものであり、非常にご近所迷惑なものだと思います。またそれ以上に、弱い立場の子供に対する言葉の暴力でしょう。
今時誰かに対してそのような言葉を使う人物がいたということに驚くと同時に、富川アナがそれを制止せずに黙認しているということにショックを受けました。ちょっと奥様の育ちを疑ってしまいます。

・児童虐待の話題は、こんな風にゴシップ的に取り上げて欲しくない。
この子達の将来にも差しさわりが出るかもしれないし、家庭のとてもセンシティブな部分にも触れること。警察と児相が適切に対応しているなら、まずはそちらに任せるべき。