444「猫の島」として知られる北九州市小倉北区の離島・馬島(うましま)の猫が急減した問題で、毒餌をまいて猫を殺すなどしたとして、福岡県警小倉北署が同区の80代男性を動物愛護法違反と鳥獣保護法違反の疑いで書類送検したことが県警への取材で判明した。





書類送検は5日付。動物虐待防止に取り組む福岡市の特定NPO法人SCAT(スキャット)が2019年10月に刑事告発していた。

送検容疑は17年9月~19年5月、馬島で毒餌をまいて、猫を殺傷したり、カラスを殺傷しようとしたりしたとしている。


・北九州市小倉北区の離島・馬島(うましま)



馬島では14年から約90匹いた猫の大半に不妊手術を施し、島ぐるみで「地域猫」として守る活動が進んでいた。しかし、最近は約30匹まで急減。泡を吹いて倒れるなど不審な猫の死骸が40体以上見つかっており、スキャットが調査していた。スキャットによると、島では農薬とみられる青い薬品のようなものが付いた魚の切り身などが見つかっていた。

男性は19年8月、毎日新聞の取材に対して「カラスを駆除か脅すつもりでまいていた。猫が来たかは知らない」などと話していた。

スキャットの山崎祥恵代表理事は「厳罰化された改正動物愛護法も1日から施行されており、この結果が動物の虐待防止につながることを期待している」と話した。

(source: 毎日新聞 - 「猫の島」で猫急減 毒餌で殺傷した疑い、80代を書類送検 福岡県警


・癒やしの猫の島 馬島 猫の不審死相次ぐ



・これが許されるのなら、全国的に動物虐待は消えない。猫の活動も様々な改革が必要だと思うが、だからと言って殺して良いわけではない。ましてや結果が認識できていなかったはずが無い。厳罰が望まれる。

・確か この親族もこの老人をかばってたんだよね、何で逮捕じゃないの?

・改正もあり関心の高い事件︎逮捕でなく書類送検だけ⁈こんな事では無くならない。まして記事で名前等も明らかにすべき︎

・こんな生やさしい結果で終わるなら、
愛護法をまだまだ厳しくしなきゃ、虐待は減らないね。

・最後に動物虐待の厳罰化の話もさらっと書いてはいますが、結局はこういう形で「実際のところは逮捕とかまではしないよ」という対応がスタンダードなんだと全国的に知らしめただけになってしまうのは残念。これでは頭おかしい人へのブレーキにはならないのではないでしょうか。

・高齢者って、思考が一方通行に成り易いのかな、猫で観光客誘致とかしてる島なのに。カラスなんか、減れば他から飛んで来るから、いたちごっこだし、もし毒餌を子供が触った手で、何か食べたらと考えないのでしょうか。

・猫が増え過ぎて
可愛い、とだけは言っていられない実態があった
という記事を読んだことがあります
観光客が増えたことで島全体が潤ったわけでもない、
ということも