hj――改革の象徴の1つが、ミラノ風ドリアの「1円値上げ」などの価格改定ですね。






・サイゼリヤ、社長も驚く「1円値上げ」の成果



サイゼリヤ 堀埜一成社長: 価格改定の効果は思った以上にあって、面白いし、びっくりしている。

 最大の意図は、コインの受け渡しを削減することにあった。コロナ禍によって、顧客も従業員もコインのやり取りをなるべく避けたい。すべての商品の価格を50円単位にすることでコインの受け渡しを6~8割減らせると想定し、実際にその通りになった。

 会計にかかる総時間も30%減少した。ぴったり払いやすい金額になったことで、釣り銭を渡す時間が減った。自分が食べた分の金額が500円、600円などとキリのいい金額なので、レジに来る前にグループでまとめてくれることも多くなった。価格改定で個別会計は25%減少した。


・サイゼリア1円値上げ



 ――予想以上の効果ですね。

 さらに面白いのが客単価が上がったこと。当社の客単価は700円台前半だったが、50円や100円刻みの値段設定にしたことで、ちょうど合計1000円を目安に注文する顧客が増えた。

 加えてTwitterなどで「1000円ガチャ」(サイゼリヤのメニューから1000円ちょうどになる組み合わせをランダムで表示するWebページ)が話題になった。あれを見て、1000円ちょうどになるように注文する顧客が増えたのかもしれない。1000円ガチャ様々だ。

 ミラノ風ドリアをはじめ、大半の商品は1円値上げになったが、一方でライスは169円から150円へ、ランチドリンクバーは110円から100円へ大きく値下げした。そのため、客単価が下がると恐れていたが、全然関係なかった。

 価格改定は大正解。他社にもおすすめしたいぐらいだ。ただ、当社はずっと税込みの価格表示にしてきたからすぐに改定できたが、税抜きの価格設定をしているところは、税込み価格を50円単位にそろえるのは難しいだろう・・


・堀埜一成氏

・元々が安いので、かえってキリが良くなって計算し易くなりました。
色んなご意見は有るみたいですが、私は行きやすくなりました、禁煙だし。笑

・価格を安い「印象」を与える、298・398等など社会全般で
多くある。見直す良い機会かも知れない。

・日常食としてのイタリア料理を浸透させたサイゼリヤ
美味しくないという声を上げる人もいるが、それは毎日食べられる味付けにしてるから
理念を貫き通しながらも、コロナ禍における対応は柔軟に行う
これからもお世話になります

・社長もおっしゃってるが、税込表示がいいよね。
だからこのような効果も生まれた。
税抜表示はわかってはいるけど何か堂々と騙されてるようでムカつく。
税込表示の潔さが気持ちいい。サイゼはそういうところからも好感が持てる。

・何でもやってみないと解らないって
事だね~。
キリのいい値段設定に変えたら、
確かに客も計算しやすいし、
逆にライスやドリンクバーを値下げしたら
もう一品の追加に繋がる事も大いに
あると思うね。

・値上げだけでなく、この時期に値下げを決断したのが凄い。
ドリンクバーとライス、一円どころではない値下げ。
サイゼリヤみたいな安い店は回転率が物を言うのに、ソーシャルディスタンスで席数削減、その上の値下げは本当に勇気が要ったと思う。

・税込価格でもキリが悪いと計算がややこしいし、税抜き価格なら更に消費税分を計算しなくてはいけなくて会計が面倒くさくなる
キリのいい数字で統一したり、税込価格の表示にしてくれるのは消費者・顧客からしたらホント助かる

・事前に所謂コンサルに聞けば、愚策と言われただろう。現場の経営の勘所の勝利。これから他の外食産業に、コンサルがサイゼリヤで成功したのだからと言って経営を失敗させるアドバイスが相次ぐと見る。