hhyTBS系ドラマ「半沢直樹」の前半クライマックスとなる第4話が9日に放送された。






・半沢 白スーツ大臣は蓮舫氏モデルか「いまじゃない」民主政権下、ドンは小沢一郎氏か



子会社に出向させられていた半沢直樹(堺雅人)がIT企業買収のプロジェクトを横取りし、自身を再び左遷しようとしてきた伊佐山部長(市川猿之助)、三笠副頭取(古田新太)との戦いに勝利し、東京中央銀行への復帰を果たした。

ネット上では半沢が宿敵の大和田取締役(香川照之)と手を組む劇的展開に沸いた。


・半沢直樹 第四話






 また終盤では本行復帰した半沢が、「帝国航空再建」の難業務を命じられ、後編がスタート。再生タスクフォースも登場し、民主党政権時代のJAL再建を彷彿とさせる内容だった。

 国土交通大臣に抜てきされた白井亜希子大臣(江口のりこ)は、元キャスターでやり手との設定で、白スーツを着て登場。ネット上では立憲民主党・蓮舫氏がモデルかと指摘する声も。白井大臣からは、就任会見で「い・ま・じゃ・な・い!」と蓮舫氏が今年にGoToキャンペーンを国会追及した際の名言が飛び出した。

 なおJAL再建時の国交相は前原誠司氏。

 また悪人面がすごいと早くも話題の進政党大物議員・箕部啓治(柄本明)は小沢一郎氏がモデルとの指摘がある。





・俳優陣が凄いな。
江口のり子って絶妙だよな。
柄本明のフィクサー的ラスボス感も凄いし。
誰がモデルかも面白いが、純粋にフィクションとしても面白い。
ああいう、元アナウンサーの国会議員居そうだよね。

・このドラマは本当に、引き込まれる。
帝国航空は、日本航空を完全に匂わせているので、
リアリティが、また高まる。
銀行との面談でのお役所体質も、日本航空そのもの。

・江口さんの役は白スーツの蓮舫ではなく、実際はその当時国土交通省副大臣の辻本。江本さんの役は小沢一郎だろう。
小説ではかなり事実に近い形で描かれている。実際にこの2人がこの件で暗躍していた。本人は再建を果たしたと言っているが、ぐじゃぐじゃになったのを実際に再建したのは稲盛氏
辻本、小沢の悪党ぶりを思い浮かべて視聴すると倍返しで楽しめると思います

・JALの一件は記憶に生々しいから事実とフィクションの重なり具合が難しい。
だからこそこの役者陣なのでしょう。
中途半端な立ち位置と生温かい役者では旧ミンス党が煩いだろうし。 
ドラマだけでなく、多くの人が覚えているあの日、あの時をどう描くか、演じるか。
リアルとドラマの正念場ですね。

・実際は債権放棄させられて、追加融資もしたからな。倒産の噂が有っても政府関係者が沢山働いているから潰さないよ!なんて株を買い増して、大損した人がいたな。今はどうしてるかな?ドラマでも観て、突っ込んでください。

・いい配役だなあ。世間的な知名度を度外視した実力派のキャスティング。江口さんはNHKの「これは経費で落ちません」での経理部員役もコミカルでよかった。あのドラマの主演の多部未華子さんも「ナギサさん」で頑張ってるし、当たり役が多い。

・小沢幹事長が鳩山首相を操り
民主党は崩壊した
あれは酷かったなぁ
逆に言えば、保守派前原大臣と左派小沢幹事長の党内対立はドラマになるレベルだったんだろう
ある意味、見てみたい