11ドラマデビュー作「男たちの旅路」などで知られ、面長で優しい笑顔の名脇役として活躍した俳優、斎藤洋介さんが19日夕に死去した。69歳だった。






・名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病



 複数の関係者によると、数カ月前にがんが見つかり入院。復帰を目指し、放射線治療などを続けていた。俳優としては晩年まで活躍。8月21日に公開されたアクション俳優、坂口拓(45)の主演映画「狂武蔵」では山崎賢人(26)らと共演していた。

 幅広い演技力で善人から悪役までこなし、バラエティーでは人柄がにじむ飄々(ひょうひょう)とした雰囲気で人気だった斎藤さん。「男たちの-」では車いす生活の若者を熱演。共演の古尾谷雅人さん(2003年死去、享年45)らとともに注目を集めた。


・斎藤洋介さん 亡くなる



 1980年のTBS系「1年B組新八先生」では美術教師・田中役を好演。2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」など話題作に多数出演する一方、フジテレビ系「SMAP×SMAP」などでも活躍した。

 昨年3月には振り込め詐欺で100万円の被害に遭っていたことが発覚して話題に。私生活では29歳で結婚。俳優の斉藤悠(36)は次男だ。

 昨年10月の雑誌取材では、俳優として滑舌の悪さに悩んだと告白。父親の「辞めたら、何をやってもずっと1年生だぞ」の激励を支えに続けてきたと明かしていた。


・昨年6月の映像




・ここ数年、げっそりと痩せていたから、もしかしたら病身ではないかと心配していた。公表せず、癌と闘いながら、仕事をこなし続けていた姿勢に感服するし、まさに役者魂だと思う。個人的には、大ヒットドラマ『家なき子』で警察官を演じ、主人公の相沢すず役をを演じた安達祐実に嵌められた可哀想で冴えない脇役が四半世紀以上経った今でも印象深い。

・うわ!まさに名脇役。今年は本当に沢山の芸能人の方々がお亡くなりになります。みていてホッとするような身内みたいな役者さんでした。ご冥福をお祈りいたします。

・個性的な俳優さんなのに、最近お見かけしないのは、そういうことだったんですね。

・本当に名作にはこの人あり。
さまざまな心温まる感動シーンは、
バブル期の配役も豪華ではなく、ささやかな愛を表現する場合が多かった。

・名脇役だったこの方が、ブレイクしたのは人間・失格の体育教師役で、堂本剛に体罰加えて、父親役の赤井英和に殺されるんだよね。それに出演していた加瀬大周が、のちにいいともでこの方を友達に紹介して、タモリがモアイ像に似てるといじってたら、ウケて翌週には別のコーナーのゲストに出て、バラエティでもスマスマとかで、見るように。後から知ったが三宅裕司と若い頃、劇団もやっていたようだ。にしても、69はまだまだだよな。合掌。

・俳優さんでいらっしゃりながら、バラエティであごのいじりにも笑って応えていらした事が印象的でした。
その当時は俳優さんはバラエティは出なかったり、出たとしても、番宣ですけどそれ以上何か?、という態度であることが多い時代でした。
お人柄の良さがもの凄く伝わりました。