12滋賀県草津市矢橋町の森脇町内会が、新しい入会者に60万円の納入を求める内規を2006年から定めていることが18日までに分かった。






・町内会「入会費」なぜ60万円? 「転入者の入会制限につながる」指摘も



当時の集会所建て替え時のコスト負担と同額で実質的な「入会費」といえる。周辺の町内会の入会費よりも高額なため、一部住民や識者から「転入者の入会制限につながる」との声が上がっている。

 森脇町内会(25戸)は、矢橋町内会(約470戸)の下部組織の「組」と呼ばれる13町の一つ。住民によると入会金は組ごとに定められ、森脇町以外は約2万円までで、不要の町もあるという。



 同町が高額な入会費を求める発端となったのは、同年の集会所建て替えだ。建設費は約2千万円で、財源に近隣の下水処理施設整備で払われた県補償金(1戸当たり30万円)と町内各戸の2年間の積立金(同約30万円)を充てた。この時、町内会の内規が改定され「(新規入会者については)集会所建設経費として1戸当たり金60万円を町内に納める」などの文言が盛り込まれた。

 内規を巡っては一部住民が「集会所は既に完成しており、徴収する理由がない」と主張する一方、「皆が負担した額なので新住民にも払ってもらうのが平等」と継続を求める声も多いという。町内の寄り合いで話し合ったこともあるが、変更には至っていない・・




・町内会の入会費が60万円とは驚き。
凄く魅力のある土地じゃ無いだろ。
市が間に入らないと住む訳が無い。
日本にもこんな考え無しの所があるんだ。

・転勤族が転入してきて1、2年で転出しても60万とられるんじゃたまったものではない。
誰も町内会には入らないだろう。
そして町内会はジジババしか残らなくなる。

・私が住む地区にも新規入居者は
地区にに1万円と日本酒一升瓶を
持って行く習慣が有ります。
一升瓶はこれから一生お付き合いを
すると言う事かららしい。
しかし若い世代が新築一軒家を
購入して入居して来る訳だから
もうこう言う古い習慣は必要無いと思う。

・「入会されたくない」のでしょうから、他のとこの人間がとやかく言う必要もないと思いますよ。
現に、もうお隣に入ってしまったお宅もある。
今後、こんなとこに家を建てる人もいないかも。
それでも良いのでしょ。

・うちも同じく町内会費の支払いを請求されたが町内会に入る事を拒否したら家庭ゴミ置き場の使用を拒否された。
家庭ゴミは市町村民税で処理回収運営されているはずなのに町内会が指定回収場所を制限する権限を持っていることがおかしい。

・町内会費はたびたび問題になってるけど、
そろそろ法律上の対策をするべきでは?
野放しにしすぎ

・こんな入会金を定めたのでは新規に入会する者はいないだろう。
普通の会費も取れないのだから、結局困るのは既存のジジババ達。

・そもそも市町村民税を払ってるのに別で町内会費やら自治会費やら同じ市内なのに違う値段を請求さられるって意味分からない。
やっている事は今に合わない専業主婦時代の悪しき慣習が多くて若い家族には時間的にも合わない事ばかり。

・惰性で続いている町内会・自治会などは、会費などを徴収する理由が見い出せないのなら
一度解体した方がいいと思いますね。