r77『半沢直樹』で、香川照之演じる大和田暁が所持するスマートフォンの写真フォルダが映るシーンがあった。そこにあった写真の数々にSNS上で爆笑の声があがっている。





・『半沢直樹』画面に映り込んだ予想外のモノに驚きの声 「どうなってるの?」



合併前の旧東京第一銀行が箕部幹事長(柄本明)に20億円もの融資をした件について調べる半沢直樹(堺雅人)。鍵となるクレジットファイルが紛失したことから大和田の仕業と考え、半ば脅しともいえる方法で情報を得ようとする。

観念した大和田は、自身のスマートフォンをモニターに繋いで写真フォルダを見せることに。そこにはさまざまな極秘情報が収められていたのだが、写真一覧にはビルの屋上から撮ったと思われる風景の写真や、路上にいる猫の写真、紙コップで小さな虫を捕らえた写真があった。




シリアスなドラマの展開とは打って変わってほのぼのとした写真の数々に、SNS上では「ね、猫ちゃんがいる!?」「虫捕まえてて笑った」「どうなってるの」「ギャップが…」と驚く視聴者が相次いだ。

注視していないと気づけないような小ネタも満載の『半沢直樹』。過去にも、検査部の富岡(浅野和之)が読んでいるスポーツ新聞に「アストロズ今季全勝!」との見出しがあり、昨年TBS系で放送されたドラマ『ノーサイド・ゲーム』に出てくるチームが登場していた・・