ffrアメリカのオートバイメーカー、ハーレーダビッドソンのオートバイ所有者でつくる美祢市の「ハーレーオーナーズクラブ美祢」のメンバーらが22日、同市内で交通安全パレードをした。





・ハーレーが交通安全パレード「オーナーズクラブ美祢」のメンバーら



 秋の全国交通安全運動期間(30日まで)に合わせて実施。下関、山陽小野田、山口各市からの助っ人を含めて10台11人が美祢署に集まった。

出発式で同署の竹内照勝署長が「他のドライバーの模範となる運転により、交通安全の輪を広げていただければ」とあいさつ。同クラブ美祢の世話人、園田忠志さん(66)は「オートバイを長く楽しむには交通安全を心掛けた運転が必要。スピードを抑えた運転を呼び掛けたい」と述べて、オートバイにまたがった。

 「交通安全」と書かれたたすきを身に着けたライダーたちは白バイを先頭に、地域交通安全活動推進委員や美祢署員が乗った広報車、パトカーと共に、秋吉台を縦断する県道(通称・カルストロード)などを走った。