ggg大分市教育委員会は30日、市立中陸上部顧問の男性教諭(40歳代)が全国大会の出場申込日を誤り、生徒1人が出場できなくなったと発表した。






・顧問の勘違い、中学陸上部員が全国大会出場できず…コロナで今年度唯一の機会



市教委は「あってはならない事務処理ミス」として処分する。

 市教委体育保健課によると、生徒は8月に行われた県大会で、10月16~18日の全国大会に出場可能な記録を出した。9月14日が期限だったが、教諭は参加者が発表された23日を申し込み開始日と勘違いしていた。

 保護者から「参加者リストに名前がない」と問い合わせがあった。新型コロナウイルスの影響で、今年度実施される全国大会はこの大会のみという。





・大会運営側は何とか救済してやれば良いのに。
申込期限の意味がなくなるということもあるが、何より子ども第一でミスをフォローしてもらいたい。

・入試でのミスなら処分は当然だが。
 ほぼサービス残業でやっている本務でもない部活顧問の事務処理ミスで処分されてたら先生もやってられないでしょう。
 校長なり市教委なりが、大会主催者と協議し、子どものための救済策を講じれば済む話。市教委も大会主催者も頭が固すぎる。

・たしかに一大事。
生徒本人のミスでない場合はなんとか救済してあげてほしいですね。
しかし、教師はこれで処分されてしまうのか....。処分歴とか残ってしまいそうだし、ちょっとかわいそう。

・教育委員会に言いたいんだけど、教諭の処分よりこの生徒をどうにかしてあげる方を考えるべきじゃないですかね。
教育委員会に権限はないんだろうけど生徒のミスじゃないんだから何とか動けないんでしょうか。

・忘れてしまった教員を記事にまでして叩き上げるとは…これではだれも教員にならなですよね。
というか、何でもかんでも教員にやらせすぎでは?コロナ対応で先生方は疲弊している中、大会のエントリーまでやらされるとは…
もちろん顧問も仕事の一環ではあるけど、そろそろ顧問なんて仕事は教員の仕事から外して、大会エントリーは生徒(選手)本人にさせてはどうでしょうか?

・中学校教員です。部活は平日の勤務後の時間も当たり前のように活動があり、週末のプライベートも削られます。教育課程外の活動です。簡単にいうと、必ずやらないといけない仕事ではないということです。生徒のためだけにやっています。私は今子供が小さいので受け持っていませんが、結婚して子供ができるまでずっと顧問していました。自分の時間がなくて週末も出っぱなし、常に疲れていて体も壊しました。

・教員は部活顧問専属ではありません。出場できない選手にはもちろん責任がないから、救済措置は学校や教育委員会が動いてほしいけれど、この件で顧問の先生が肩身の狭い思いをするのも気の毒です。
読売新聞は事実(の一部)は伝えているのでしょうが、結果的に顧問を非難する内容に思えてしまいます。