ggbコロンビアのアトランティコ県プエルト・コロンビアから約2キロ沖の海上で9月26日午前6時頃、アンジェリカ・ガイタンさん(Angelica Gaitan、46)が漁師2人によって救出された。





・2年前から音信不通の母親、海で漂流しているところを発見される(コロンビア)



アンジェリカさんは命を絶とうと海に飛び込み、8時間以上も漂流していたという。

アンジェリカさんを発見したのは漁師ローランド・ヴィスバルさん(Rolando Visbal)で、地元メディアに「釣りに出ようと船を出したが、エンジンの調子が悪く遠出できずにいた。最初は木片かと思ったが、よく見ると動いているのに気付いた」と当時の様子を語っている。ローランドさんはアンジェリカさんが手をあげて助けを求めたことから、浮き輪の付いたロープを投げてボートを近づけたという。

救助の様子を捉えた動画では、海に漂うアンジェリカさんに男性が英語とスペイン語で話しかけているが、仰向けのまま反応はない。ボートに引き上げられたアンジェリカさんは仰向けのまま動けず、突然肩を震わせて泣き出していた。


・救助の



アンジェリカさんはその後、病院に搬送されて手当てを受けており、低体温症を起こしていたものの命に別状はないという。しかしながら地元メディアは、彼女が“命を絶とうとした理由”に注目して衝撃的に報じている。

コロンビアのメディア『RCN Radio』によると、アンジェリカさんは約20年にわたり元夫から虐待されており、最初の子を妊娠した頃から殴る蹴るなどの暴力が始まったという。アンジェリカさんは「夫の暴力は2人目を妊娠しても続いた。子供が小さかったので逃げることができなかった」と明かしており、こう続けた。

「何度も警察に通報した。でも24時間拘留されると彼は戻ってきてまた暴力を振るった。家に閉じ込められ、トイレの使用を禁じられ、庭で用を足すように言われた。そして2018年9月に『夫に殺される』と思って逃げた。」・・

・詳細はソース