111取材班は竹内さんが生まれ育ち、幼少時代を過ごした埼玉県の地元を訪ねた。この地で竹内さんは3姉妹の末っ子として生まれた。






・《追悼・竹内結子さん》「私の家は複雑なので、戻る場所はない」最愛の母との死別が“女優魂”を支えた



幼い竹内さんを思わぬ不幸が襲った。最愛の母が急死したのだ。その時のことを「とても可哀想だった」と振り返るのは別のマンション住人。

県内への高校入学が決まった春休み、竹内さんの夢が現実になる。中学生だった彼女が友人と遊びに行った原宿で事務所にスカウトされたのだった。だが、すんなりとはいかなかった。

「当初、竹内さんの父親は芸能事務所に入ることに反対だったそうです。おばあちゃんっ子だった竹内さんは、実家の近くに住んでいた祖母に相談したりして悩んでいた。そんな迷う彼女の背中を押したのは『一度やってみればいい』という姉たちの言葉だったそうです。

事務所に入ると、彼女は周囲に『私の家は複雑な家庭なので、戻る場所はないんです。この世界で絶対にがんばらなきゃいけないんです』と語り、真剣だった」(スポーツ紙記者)・・


・竹内結子さん







・この文章からは複雑さが伝わってこなかった。
早くに母親が亡くなったのはかわいそうだが、それを複雑な家庭とは言わないと思う。

・あれ?この前は竹内さんは一人っ子でお父さんの再婚相手の連れ子がお姉さんふたりって出てた。お母さんとお姉さん2人とは血の繋がりがないので居場所が無いと。
憶測で書いてるのか、適当に書いてるのか。

・どこが複雑な家庭かさっぱりわからない。母はなくなったが父も姉もちゃんとしているように書いてあるが

・他の記事と内容が全然違う。実母とは、本人が小学生の時に父親との離婚で別れ、その後の父親再婚で継母の連れ子2人と暮らしたと言う記事も。故人の名誉のためにも、真偽怪しい記事はやめてほしい。

・家族構成をこの記事で初めて知りました。
読む限り、お母様を早くに亡くして寂しい思いはされたでしょうけど、複雑な家庭なのでしょうか。
近くにおばあさんもいて、同性の姉がいて複雑ではないように思ったのですが…。

・女優として私は好きでした。
だからこそ勿体ない。
死別した母親の為にも勿体ない。
別の道を選択して欲しかった。

・中学生で母を亡くす苦しさ、竹内さんは誰よりもわかっているはずなのに、中学生の息子さんを残して。
竹内さんにいったい何があったのだろう。

・竹内さんが自分でそう言ったか不明ですが、この場合「家庭が複雑」とは言わないのでは?
お母さんを早くに亡くされたことはお気の毒だと思いますが、お父さんや兄弟がいて天涯孤独になってしまったわけではないですよね。
それより、竹内さんのご子息も現在中学生。
竹内さんも同じ頃に母親を亡くされてますが、ご子息の家族関係こそ「複雑」だと思います。

・母が死別してから父親が再婚し連れ子として育ち居場所がなかったんだよね。ママ母とは折り合いが悪く。ここまで書かなきゃ。父親が再婚したのがマズかった。