bh永田町では鬼のボスである「鬼舞辻無惨」が「菅首相とそっくりではないか」と噂になっているとか。野党議員の秘書がこう言う。






・アニメ「鬼滅の刃」社会現象化 ボス鬼が「菅首相そっくり」とウワサ…セリフにも類似点



「鬼舞辻無惨は自分の血を相手に与えて鬼に変え、支配下に置くのですが、これが菅首相の恐怖人事と似ていると言われています。

例えば日本学術会議の会員排除問題で、菅首相はまったく理由を明かしていません。まるで、俺が任命権者なのだから黙って従えと言わんばかりの態度です。

鬼舞辻無惨も漫画の中で、支配する鬼に対して『私は何も間違えない。全ての決定権は私に有り、私の言うことは絶対である。お前に拒否する権利はない。私が正しいと言ったことが正しいのだ』というセリフが出てくる。まさに菅首相そのものです。

他にも鬼舞辻無惨は『嫌いなのは変化。好きなものは不変』というセリフがあるのですが、これが『安倍政権の継承』と言い続ける菅首相とそっくりとささやかれています」・・


・無惨様のパワハラ会議



・なんでも、政治につなげてみようとして、今の政府を陥れようとするマスコミに反吐が出る。全く似てもいないし繋がりもなし。失笑

・その主観は自分の中だけにしまっておくべき。
いちいち記事に載せる必要ない

・日刊ゲンダイは、「鬼滅の刃」を知らない爺さんしか呼んでいないタブロイド版のスポーツ新聞なので、この記事を読んで真に受けた知ったかぶり爺さんが、急に「現代政治と鬼滅の刃の類似性について」を語り出すかもしれません。
聞かされるほうとしては、非常に迷惑です。

・仮に無惨だとしても、野党に煉獄のように戦える人物はいません。
野党は国の未来のため、弱い人を救うため自分達の地位や権力を使い戦うのではなく、ただ強い敵を遠くから批判しているだけ。
野党に格好良さを1ミリも感じません。

・こじつけ。しょうもない。
ウッカリ釣られて、こんな記事をクリックして
配信社に広告収入を与えてしまう可能性を
もたらした自分を悔いています。

・残念な記事ですね。
日本学術会議の一件などは、鬼舞辻無惨のような『嫌いなのは変化。好きなものは不変』という考え方では問題とならず、日本国内でスパイ活動がさらに進んでいたでしょう。
記者の都合の良い部分のみを切り取って主張を正当化し大衆を扇動しようとする低俗なマスメディアが多すぎることが残念です。

・いや、ほんと酷くダッサイ記事。。。。
「野党議員の秘書がこう言う」野党に言わしたらそらそうなるだろうよ、そしてどうせ架空人物だろうよ。
新撰組血風録、、、読んだことないだろ、絶対。。。。短編集だぞ。
そして何?今このタイミングで鬼滅だせば共感されると思った?
本当に最近は記事書くひとのレベルが低すぎる。