443番組では、各芸人が持ち寄ったVTRを審査する企画を行った。出川は自らドッキリを考案。「おっさんずラブドッキリ」とのテーマで、自らが仕掛け人となり、『エイトブリッジ』の別府ともひこを相手にドッキリを仕掛けた。





・出川哲朗が考案した“ドッキリ企画”に批判の声「立派なセクハラ」



出川は部屋に別府を迎えてトーク。

自らが出演する番組に別府をキャスティングするよう推薦しておくと伝え、別府に感謝させながら、自身の体をマッサージするよう指示。「かわいい」と連呼しながら別府にアプローチしていく。


・有田プレビュールーム



続けて出川は、上半身裸になって別府をマッサージ。首から胸、乳首をしきりにもんだ後、別府を上半身裸にして後ろから抱き付いた。

出川は別府の耳元に口を寄せ、「今回の仕事も俺が指名したから」とささやき、感謝する別府に「芸能界はこうやってみんな、仕事取ってくるから。みんなそうして売れてきてるから」などと「セクハラ行為」を受け入れるよう指示。最後は別府を畳の上に寝かせ、裸にさせようとしたところで「ネタばらし」した。



別府に対して性的な行動を繰り返しながら、仕事をチラつかせ、受け入れるように強要するドッキリに、視聴者の間では批判がうず巻いている。

《立派なセクハラだよ。異性に対してやってはいけないことは、同性にだってしちゃいけないよ》
《多分、私だけじゃなく、令和基準でアウトです》
《おっさんずラブや性暴力を笑いにしちゃダメよね…》
《男性同士だったら笑いで済むと思ってるのがなぁ…普通に怖いでしょ》
《出川のドッキリ、時代遅れ感ハンパない…。あんなの放送しちゃダメだよ》
《出川さんのドッキリ、男同士でもセクハラは成立するんだけど…。正直びっくり》
《男性から男性でもセクハラは成立するし、ドッキリだったからあれはセクハラじゃないは通用しない。出川さんが考えたなら非常に残念》

ドッキリ王の出川は、やはりターゲットになるほうが良いかもしれない。