e3「現行の皇室典範に則れば、皇統は次代で皇嗣家、すなわち秋篠宮家へと移ることになる」(新潮)・・






・「眞子さまと小室圭さん結婚へ」意地悪な週刊誌もそう書くしかない決定的状況



 秋篠宮と長男・悠仁さんを擁する秋篠宮家は、暖かい日だまりに包まれているように思うが、そこに棘のように刺さった難事があると、新潮は眞子さんの結婚問題を持ち出す。

 新潮はこの号でも、小室圭の母親と元婚約者との間の金銭トラブルが解決していないことをあげつらい、SNSで眞子さんを諭すことができない秋篠宮夫妻のことまで批判するコメントがネットに溢れていると報じている。

 だが、その新潮でさえ、秋篠宮が眞子さんと話したいのだが、会話がない状態が続いているとし、「つまり、眞子さまの“お心変わり”を待っておられるのではないかと拝察いたします」(秋篠宮家の関係者)と、眞子さんの結婚の意志が揺るがないと書かざるを得なくなったのである。


・小室圭さん




 週刊文春(10/2号)も、眞子さんが小室圭と結婚する意志を変えることはないと断定し、こう書いている。

 「立皇嗣の礼や新嘗祭を終えた十一月三十日、秋篠宮さまが五十五歳の誕生日を迎えられます。このとき、結婚問題にも言及されるでしょう。眞子さまの“お気持ち”発表はその後の十二月になると見られますが、眞子さまが結婚を取りやめにされる雰囲気は微塵もなく、ここで再び親子間の対立が浮き彫りになる可能性が高い」(宮内庁関係者)

 この結婚問題、特に小室圭と母親への厳しい論調が多かった両誌でも、2人の結婚は決定的だと書かざるを得ないのである・・

・詳細はソース


・眞子さま 8カ月ぶり公務




・結婚にあたって税金投入しないのならご自由にどうぞ

・一人の女性なんだし、好きに結婚させてやってよと思う。
ただし、それは"一般庶民"の場合。
税金で生活しているという恵まれた面が有る分、一般庶民には無い不自由を課すべき。
どうしてもしたいなら、皇族から抜ける等恵まれた面を取っ払うべき。
権利ばかり主張して義務を果たそうとしない、今日の日本に増えつつ有る人種と同じにならないで下さい。

・私が生きてきたなかで、こんなにも国民感情が皇室から離れる要因となった出来事は、他に思い当たらない。
国民に寄り添わんと日々を積みあげてきた、他の皇族の方々の気持ちを考えると胸が痛い。

・意地悪とかじゃなくて、小室は借金返せって話なんだけど。

・400万かそこらの無利子の借金くらい、まともに働いていたらとっくに返せているでしょ
自分の学費に使われた金なんだし、奨学金を個人から借りたと思えば返しますよ、普通は
母親だけの問題で終わらせるような甲斐性なしが皇族との結婚を目論むとはこれいかに

・内親王が、全てを捨てて、鍋一つで彼の目の前に現れた時に、本性がわかる。

・家庭問題に金銭問題のある男にそこまでこだわる意味が理解できないな。
何か良いモノ持ってるのか、裏で何かがあるのかと疑ってしまう。
結婚なら税金を一銭も使わず自分たちで自立すれば国民も納得いくだろう。

・税金使われるから納得いかないけど。。。お金があっても幸せになるとは限りませんからね。。。 結婚したら自分の学費で使われたのにお金を返さない旦那に世間知らずのお嬢様にあの義母。。。 ドラマが出来そう。。その後マスコミは追いかけてほしいです


・秋篠宮さまの「立皇嗣の礼」来月8日に実施決定