ggtインクカートリッジの仕様を変更してリサイクル品の販売を妨げたのは独占禁止法に違反するなどとして、リサイクル品を製造・販売する「エコリカ」(大阪市)が、大手精密機器メーカー「キヤノン」(東京)を相手取り、3千万円の損害賠償などを求める訴えを27日にも、大阪地裁に起こす。




・カートリッジ会社がキヤノン提訴へ 「仕様変更は違法」



 インクカートリッジは主に家庭用プリンターに装着するインクを収めた容器。原告側の代理人弁護士によると、インクカートリッジをめぐってリサイクル業者がメーカーを訴えるのは異例。インクカートリッジは年約2億個が流通するとされ、リサイクル業者とメーカー間の市場争奪に影響を与えそうだ。

 エコリカによれば、同社は2003年から、キヤノンなどのプリンターで使う使用済みインクカートリッジを家電量販店などから回収。カートリッジにインクを再注入して純正品より2~3割ほど安く販売してきた。現在5社のカートリッジをリサイクルし、インクカートリッジ市場全体でのシェアはキヤノンやエプソン、ブラザーに続き、業界4番手という。


・エコリカ



 訴状によると、キヤノンは17年9月に発売したインクカートリッジでインク残量を表示するICチップの仕様を変更し、インクを再注入してもプリンター上で「インクなし」と表示されるようになり、リサイクル品を製造・販売できなくなったと主張する。

 さらに、この影響でキヤノンのプリンターで使えるインクカートリッジ市場では、キヤノンの純正品のシェアが同年12月の84%から今年9月には95%に上昇し、市場を独占していると指摘。仕様の変更は、独占禁止法が禁じる「競争者に対する取引妨害」にあたるなどと主張する。





・キャノン限らずエプソンもプリンターの値段を下げてインクカートリッジで儲けるというビジネスモデルを作って来た。キャノンから見ればリサイクルカートリッジ業者はそのビジネスモデルにタダ乗りする存在。これまでも数年毎にカートリッジの仕様を変更して「対策」を取って来た。その変更がケシカランというのはちょっと違うと思う。

・消耗品で利益を上げる
『ジレット式消耗品ビジネス』と呼ばれる
スタイルは非常に利益率の高いドル箱です。
エコリカの目の付け所は良かったのですが、
カートリッジについて本家に独禁で提訴と言うのは
少しお門違いのような気もします。

キヤノン製品があるからエコリカは
利益を上げることができ、かつ仕様変更に際しては
エコリカはキヤノンに制約を訴求することは逆に
キヤノンの業務行為を阻害しているに他なりません。
エコリカはキヤノンの仕様変更に対して危惧するのであれば、自らの技術と資本でその分野で開発販売すれば良いだけです。

・独占禁止法違反にはならないでしょう。そもそも自社製品の仕様を変えただけだし、他のプリンターメーカーの参入を阻害する行為でもない。そしてこのインクメーカーはサードパーティービジネスの立場をわきまえてていない。

・正論の様だけど。。。
寄生ビジネスだよね。。。
自社のシェアを守るのは当然だし、独占禁止って言うならプリンターから出さないと。。。
いくらインクで儲け出すシステムだからって言っても、プリンターを設計販売してるのはキャノンやエプソンだったりなんだから。。。

・故障した場合純正品以外を使えば、保証外で有償修理になるんだし、純正品を使うかはユーザー次第。
製造メーカーカートリッジ仕様変更したのなら、それに合わせれば済む事。別に裁判沙汰にする事でも無いだろう。
自社製品のカートリッジだからシェア100%だって良いと思う。

・エコリカは筋違いな都合の良い訴えですね。
以前エコリカのインクを安いから使った事が合ったがインク詰りがよく有りプリンターヘッドが駄目かな?と思いながら純正品を使うと詰まりは解消しました。エコリカのインクを使って故障したら補償して貰えますか?エコリカさん。

・勝手に人の作った機械や入れ物を使って商売してるだけなんだから
入れ物作った所が仕様変更したって文句を言われる筋合いはないんじゃね?
文句あるなら自分の所でカートリッジとチップを作ればよいだけだ
そこまでやっても今の値段を続けられるか見ものだ
まさしく人の褌で相撲を取るってやつだな