fg◆JERAセ・リーグ ヤクルト―中日(24日・神宮)
中日の2年目・滝野要(かなめ)外野手(24)が、珍しい光景の中でプロ初安打を放った。





・【中日】滝野要が“花火打ち上げ中”にプロ初安打 ヤクルト・小川から左前へ



5点ビハインドの6回2死から木下雄の代打で登場。2ストライクに追い込まれたところで、神宮球場近くの施設から突然花火が打ち上げられたが、試合はそのまま続行し、小川の143キロ直球を左翼前へはじき返した。

 滝野は16日の広島戦(マツダ)から、アルモンテに代わって初の1軍昇格。広角に打ち分ける打撃が売りで、プロ2打席目でうれしい初「H」ランプがともった。