rfr610月26日に開会した臨時国会で、菅義偉首相が初の所信表明演説をした。東京新聞のオンライン版は菅首相が演説をしている途中に、「所信表明演説全文」を掲載。菅首相が話し終える数分前に全文を確認することが可能な状態だった。





・菅義偉首相の所信表明演説、話している途中で東京新聞が全文掲載



所信表明演説は午後2時3分ごろに始まり、27分ごろに終了した。東京新聞は「菅義偉首相の所信表明演説全文」を演説が終わる約8分前に当たる午後2時19分のタイムスタンプ入りで掲載した。「(共同)」のクレジットがあることから共同通信社の配信記事とみられる。

午後2時22分には「東京新聞編集局」の公式Twitterが紹介したが、この時点でも菅首相の演説は終わっていなかった。




同時刻には政治担当記者の解説記事「所信表明でも見えない政権のビジョン 国民の疑問、逃げずに応えよ」もオンライン版に掲載された。

ハフポスト日本版では掲載の経緯について東京新聞の東京メディア事業部に問い合わせたところ、「追って担当者から回答する」というコメントだった。その十数分後の午後3時31分には解説記事、午後3時34分には全文記事が写真を差し替えた上で、タイムスタンプも更新された。





・どうせ所信表明の内容を事前に寄こせとか要求して、掲載するのは演説が終了してからと言われていたのに無視して掲載したのだろう。如何にも東京新聞らしいやり方だ。掲載時間が問題になるとしれっと差し替える辺りも如何にもな対応。

・これは東京新聞による政権への挑戦状でしょうか?
総理が所信表明を終える前に全文を公開する事により国民は如何取るのか?
タイミングの計らい方を知らない東京新聞に今後の政権からの情報公開は厳しくなるでしょうね!

・信義則違反だけど、そもそも政府が事前に報道関係者に伝える必要性ってあるの?
演説終わってから、報道関係者に公開すればいいのに・・・

・ぜんぜん悪びれてもいないね、東京新聞らしいといえば、らしい。
いつものごとく、先に記事原稿よこせって要求したんだろうけど、発表が終わってから掲載するっていう内諾があったはず。
一方的に無視するのは今後に影響出るだろうね、締め出しくらうんじゃない?
これって、「総理の発言には聞く価値が無い、読めば済む」って言ってるのと同じだよ?

・東京新聞は何がやりたいのか?
原稿を入手していても、所信表明演説が終わってから掲載するのが最低限の礼儀だろう。
首相の演説の価値を落としたいのか?日本の価値を落としたいのか?
首相と日本国民に謝罪せよ。

・これはとんでもない仁義違反だろう。さすが腐り果てた東京新聞だ。しかもマスコミが庇い合ってうやむやに済ますのなら、すでに地に落ちて久しいマスコミの評判は底無し沼となるだろう。

・東京新聞の狙いは何かどうでもいいことだが、この東京新聞に支持する国民いるのかな?
熱狂的な反自民党ぐらいではないですかね。
新聞社にコンプライアンスを求めること自体無駄のようです。
なんでもありにしても凄い事しますね。

・挑発的な見出し、先鋭的な記事、ゲリラ的な発信等々、やってることはかつてのセクト系新聞にそっくり。深くそのDNAを受け継いできていることを、かつての左翼である自分は強く感じるよ。「体制と正面から対峙し、言論の自由を守るため闘う東京新聞」という構図を演出したいのだろう。