gh10月22日から関東など一部地域で放送が始まると、「正直屋のCM面白かった。ついつい観ちゃったじゃん!」と好意的な反応の一方で、「明らかにリコール喚起を装ってて非常に不快」「確かに人の注目を集めるけどちょっと不謹慎だと思う」と批判も少なくなかった。




・ガス工事CMが「明らかにリコール喚起を装ってて不快」と議論に。内容変更へ



 2020年10月22日から関東など一部地域で放送が始まると、「正直屋のCM面白かった。ついつい観ちゃったじゃん!」と好意的な反応の一方で、「明らかにリコール喚起を装ってて非常に不快」「確かに人の注目を集めるけどちょっと不謹慎だと思う」と批判も少なくなかった。

 SNS分析ツール「ソーシャルインサイト」で、22日~26日の期間に「正直屋」「CM」を含むツイートを調べると、ネガティブな書き込み(80.8%)がポジティブ(19.2%)を大きく上回った。


・問題の正直屋のCM



 正直屋のユーチューブチャンネルには、同様のフォーマットで「ガスコンロ交換専門店正直屋からの大切なお知らせです」のスライドから始まる動画が、17年4月に投稿されている。このCM動画の反応も、低評価は高評価(34)の10倍以上ある(26日現在)

 正直屋を運営する「アズクリエイティブ」の河北裕介社長は26日、J-CASTニュースの取材に、CMの意図を「給湯器は相見積もりすることで各社価格が違うと言うことを多くの人に知って頂くためでございます」と説明する。

 CMはある法律事務所のテレビCMを参考に制作したといい、リコールCMを装う意図はないという。

 同社には直接批判も寄せられているといい、「貴重なご意見として受け止めております」と答える。CM内容は27日以降、変更予定だとした。





・わざわざCMを取り替えなければならないほどのミスをしてるとは思えないが
悪意を感じるものではないし、合見積りをとることは消費者にとってメリットなことだし
住宅設備工事の実態を知らない者が感覚的にクレームを入れてるようにしか見えない
このCMで言ってることは正しいことですよ

・相見積を取るようにするのは正しいよ。
その点、大ガスの定期点検はえぐい。
最近のことだけど、給湯機を外からチラ見しただけで「火が付いていない壊れてる」と言われた。もちろん普通に使えて壊れてない。
見積り持ってきたところで止めたけど、危うく両親が騙されて35万で給湯器交換しそうになってたわ。
急に言われたら相見積のことなんか忘れちゃうからね。ホント汚い。

・正直、使ってるかどうかもわからん器具のリコール情報よりはるかに大切な情報だと思うよ。「相見積り取らないとぼったくられますよ」って、結構有益な注意喚起だよ。

・これ、初めて見たとき、アリだと思いましたよ。
最後に決めるのは自分だから、正直屋さんを選ぶかもだし合見積を選ぶかもだけど、注意喚起込みでいいCMと思います。

・それより
『点検』を謳って、高齢者住宅に個別訪問し『機器が老朽化している』と過剰に不安を煽り、過剰な高額機器を売りつける『詐欺まがい』の
ぼったくり地域独占ガス会社やサービスショップの方が悪質では。

・関西だと結構前からやってた記憶があるが…
まあ広告は見てもらうためにいろいろな方法を使うけど、これは不安にさせる事で見てもらうタイプかな。保険なんかもこの手のものがある。ただ広告の戦術としては諸刃の剣的なところがあるかな

・この前、給湯器の見積もりとったけど結構高くて。しかも値引きなし。
別の業者に見積もってもらったら、正直屋より5万円も安い。
さらに別の業者では、ネットでもっと安い給湯器がある、って言ったら、取り寄せてもらえれば、工事だけしますよ、と。
結局ネットで買って、工事だけしてもらった。
半分の値段で済んだ。

・観たことないけど、別に不快にならないと思う…リコールです!と表示しているわけではないし勝手にリコールと思って不快感を示されても。
インパクトあるし、ガス系の会社が来たときになかなか相見積もりって頭に浮かばないけど、そうだ、こんなのあったと思い出せる、めっちゃ消費者思いのCMでは。

・ネガティブ80%ってあてにならないよな。ポジティブな意見、中間の意見ってあまり発信されないものだし。このCMを見て具体的な損失を被った人がいるとは思えないし、CM差し替えまでやらなくていいと思うけどなぁ。