56不起訴処分になったのは、韓国籍の無職の男性(当時38)です。






・面識ない21歳男子大学生を包丁で刺した韓国籍30代男性を不起訴処分…「心神喪失と判断」函館地検



 男性は8月4日午後4時ごろ、函館市田家町にあるスーパーの駐車場で、当時21歳の男子大学生の腰付近を背後から包丁で1回刺し、殺害しようとしたとして殺人未遂の疑いで逮捕・送検されていました。

 警察によりますと男性と男子大学生に面識はなく、男性には精神疾患があるということです。

 函館地方検察庁は男性の刑事責任能力を調べるため、8月17日から10月19日まで鑑定留置し調べを進めた結果、10月26日付で不起訴処分としました。

 不起訴の理由について函館地検は「心神喪失のため、刑事責任能力を問えないと判断した」としています。


・事件当時のニュース映像



・外も歩けない。恐ろしい。
心神喪失でも殺人未遂なら、
医療措置・観察を受けさせるかどうかじゃなく、受けさせるべき。

・損害賠償はしっかり請求して欲しいです。個人が能力なければ韓国に請求していただきたい。法的に可能ならば。不可能なら法律を作って欲しい。

・もういい加減に心神喪失で無罪と言うのは廃止してほしい!殺人を犯す時なんて、一瞬誰でも正気ではなく、後で正気に戻って後悔しても殺人は殺人です。たとえ精神疾患がある人であっても、そんな人が世間を自由に出歩く自体ダメでしょう。薬を飲んでいても、嫌がって飲まない人もいるだろうし、それで殺されたりしたら被害者の人生はどうなるんでしょうか。

・包丁持って出歩いて
知らない人を刺して
殺人未遂!
それでも不起訴って……
法の方が変じゃない??

・いやいや、不起訴にするなら韓国に戻せよ。

・これは酷い
心身喪失は免罪符なのか?
面識の無いは事実か?
当人同士しか判らない軋轢は本当にゼロだったのか?
これは日本が法治国家なのか?
被害者の家族やご本人がどれだけ無念か
この様な案件を見てしまうと私刑も有りとご家族が思っても完全に否定出来ない
例えば自分の子供だったらと思うと…