frt俳優、伊藤健太郎容疑者(23)が自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで警視庁原宿署に逮捕されたことを受け29日、関係各所は対応に追われた。





・伊藤健太郎容疑者、違約金は最低でも5億円か



 道路交通法違反容疑(ひき逃げ)などで警視庁に逮捕された伊藤健太郎容疑者(23)の違約金が数億円規模にのぼる可能性があることが29日、分かった。

 伊藤容疑者は三井住友銀行など硬派な企業のCMに出演。芸能関係者は「契約書に品位を傷つけたら損害賠償が発生することが明記されている。CMがオンエアできない上に制作費など含めるとCMだけで違約金は3、4億円以上」と推測。


・伊藤健太郎容疑者





30日公開の映画「とんかつDJアゲ太郎」など公開中を含めて5本の映画は撮影済みだが、同関係者は「映画はDVDと一緒に契約される場合が多い。テレビも放送中止となると違約金が発生する」と指摘した。

 主演舞台「両国花錦闘士」は、上演延期となれば共演者のスケジュールにも影響が及ぶため、伊藤容疑者は降板する可能性が高い。広告関係者は「伊藤容疑者サイドの負う損害賠償は少なくとも5億円以上になる」と厳しい見方を示した。









・ひき逃げは重罪。まだ23歳、自身の行動をとことん悔いて見直し、罪を償ってほしい。過ちは、誰にでもあるが、人として、生命の重みを考えて欲しい。違約金は当然。ここはしっかり請求すべき。

・1ヶ月前に事務所移籍してたんだね。その事務所も災難だな、と思いきや、実はデビュー当時の事務所らしい。とはいえ、違約金付きで帰ってくるとは思ってなかっただろうが。

・接触してしまった時に立ちとどまればただの事故で
金銭的な追い打ちもそこまでなかったでしょう。
ただたった数分、数メートルでも離れてしまっただけで
億のお金が動く。
その一瞬。たった一瞬の出来事が人生を大きく変えるんだな

・自分も経験ありますが、骨折ってものすごく痛いんです。入院して手術してリハビリして。金属入れたらもう一回入院して金属取ってまたリハビリ。
痛いだけじゃなくて肉体的にも精神的にも非常に辛い。完治と言っても100%は戻らない。この若い女性が受けた肉体的、精神的ショックを考えて下さい。それを救護もせずに己の保身の為に逃げるなんて。
絶対に許されるものではありません。

・調子こいてるなってTVからも伺われていました。
驕りがあったのでしょう。
気が動転ですか・・・後続車にクラクション鳴らされ、追跡されて戻ったのですよね。
もし、誰もいなかったらそのまま逃げ切れるとでも思ったのかな。

・仕方ないよ。ひき逃げは絶対やってはいけない事。
4月に物損事故、数々の芸能界での悪評。
人気があるから隠されてたことが、一気に噴き出してしまった。
自業自得だね。TV観てて23歳の割に態度が大きいなとは思っていたけれど
こんな人だったとはね。