frtそれにしても、なぜ逃げたのか? そこに伊藤容疑者の慢心を指摘する声は少なくない。






・ひき逃げ逮捕・伊藤健太郎容疑者に出るわ出るわ〝何様エピソード〟芸能界引退の危機



「自分は人気があるから大丈夫とか、もみ消せるなどと思っていたのではないでしょうか。というのも、業界内での伊藤の自意識過剰っぷりは有名でしたからね」(同)

 本紙が取材を進めると「伊藤はクソ生意気で監督と揉めたとか、マネジャーが平謝りだったとか、散々な噂が立っていた」(映画関係者)、「デビューしたてのころ、伊藤は素人演技がヒドく、ダメ出しされるたび、ふてくされていた」(テレビ関係者)、「先輩俳優もナメきっていて、あいさつをおろそかにするからこちらがヒヤヒヤする」(別の映画関係者)など〝何様エピソード〟が出るわ、出るわ…。


・伊藤健太郎容疑者





 ある芸能プロの幹部は「業界全体が『何をやらかしてくれたんだ!!』と超カンカンですよ。もともと、悪評がすごいので、怒りが倍増している印象です。おそらく、今後芸能活動を自粛することになると思いますが、『もう、あいつを使いたくない』という声まである。このままでは一気に引退に追い込まれるかもしれません」。

 4月にも文京区の路上で車と接触する物損事故を起こしていた。もはや救いようがない。





・「気が動転した」という本人の言葉が最初に報道されたので、運転する人間なら気持ちはわからないでもないな、と思ったが、その後、彼に現場に戻るように諭した運転手さんの話では「え?何かありました?」というような反応だったとのこと。現場では被害者に声をかけるでもなくスマホをいじっていた、とも。
「気が動転した」というのは、後付けの理由で、本心は「逃げたかったが、しつこく追いかけてきたから仕方なく現場に戻った」ということか。

・私も過去に人身事故を起こしてしまったことがある。パニックになり動転して警察に電話する事も救急車を呼ぶことも脳内からすっとんだ。
白目むいて倒れてる被害者に泣きながら声をかけていたのは覚えてるが、その他交通整理や通報、私の車の移動などは全て通りすがりの人たちがやってくれてたようだった。でも全然記憶がない。
人身事故経験者からすると、逆に逃げるって思いつくって冷静じゃね?と思います。

・こういう若者に対してキチンと叱れる人が周りに居なかったんでしょうね。人をプロデュースする訳だからキチンと叱れる人材を事務所も育てるべきだと思います。怒ると叱るの違いって難しいですけどね。その点を以前担当されていたマネージャーさんは心得ていたんだと思う。

・これは本人が全面的に悪いけど、今になってそれ言うくらいならちゃんと注意しなよと思う
天狗になってたのは間違い無さそうだけど、それを助長させたのは周りに原因ありそうだけど……
今はどんなネタでもばら撒けば飛びつくからって節度のない報道は、あれ?と思う

・ただでさえ水増しされたタレント、芸人、アイドルが多いなかで現実に気付いていないんだよ、売れたのは事務所が売り出してくれて局側に手を回してくれたおかげだってことを。

・溺れる犬を棒でたたく、
というのは芸能界に限らずどこでもあるが、
芸能界はそれが激しいだろうな。
限られたパイを奪い合うわけだから、
彼が消えてくれればその分若手の空きがでるからねえ。
同じ年代の俳優を抱えている事務所としては
これ幸いという感じだろう。

・自業自得ですね。揉み消せると考えいるとしたら、勘違いしすぎです。ちやほやされちゃうと多少は、自意識過剰にはなるでしょう。鼻につかない間はよいとは思いますが、何か起きた時に、言動にでてしまうのでしょうね。これからも素行が色々小出し記事になり、
事が事だけに、復帰は難しいとおもいます。