t66伊藤容疑者の逮捕で特に大きな影響を受けそうなのは、映画『とんかつDJアゲ太郎』だろう。






・映画『とんかつDJ』上映初回は観客まばら 映画関係者は「本当に愚か」と伊藤容疑者に苦言も〈dot.〉



同映画は出演者の1人である伊勢谷友介(44)が、9月に大麻取締法違反の容疑で逮捕されたが、再編集などはせずに予定通り公開すると発表していた。だが、10月には同じく出演者のブラザー・トム(64)が「モラハラ不倫」を写真週刊誌で報じられて“追い打ち”をかけられた。そんな状況のなか、公開前日になって伊藤容疑者の逮捕が報じられたのだから、まさに「弱り目にたたり目」と言うほかない。

 そんな“いわくつき”の映画の公開初日はどのような様子なのか。30日午前、東京・日比谷の映画館の初回上映に足を運んだ。


・伊藤健太郎容疑者





 TOHOシネマズ日比谷に足を運ぶと、朝にもかかわらず、ロビーには長蛇の列が。少なくとも50人以上が並んでいる。お目当ては公開初日の『とんかつDJ』と思いきや、12月11日に公開する故・三浦春馬さん主演の『天外者』の前売りチケットを買い求める客たちだった。グッズ売り場は、鬼滅グッズを手に取る客でにぎわっている。

 そんな中、『とんかつDJ』の上映スクリーン(午前8時55分の上映回)は、人がまばらで、客はわずか9人だった・・


・とんかつDJアゲ太郎






・「情熱大陸」が現在この人を密着取材中だったとのこと
このまま番組を制作して、最後に逮捕で番組が終わったら
インパクト大で高視聴率間違いなし
お蔵入りにしないで、是非とも放送してほしい

・むしろ伊勢谷と伊藤の影響で観客が少し増えてると思う。もっと閑古鳥だった気がする。

・ものはいいようですねww
多分伊藤さん事故起こしてなくても閑古鳥だったとおもいます
映画好きでよく観に行きますがこれは行きたいと思わなかったです(個人的主観です。)

・>上映後、この回を鑑賞していた60代の男性に話を聞いた。
明らかにターゲット層じゃない方が鑑賞しているが、度重なる出演者のスキャンダルの影響かな?

正直言って何もなかったらそれこそ誰も見向きもしないような作品だと思うんだけど・・・

・伊藤さんが捕まろうが捕まらなかろうが、予告見たときから全く魅力を感じない映画だったから普通に流しても閑古鳥だったと思います。

・原作連載中からのファンだけど、元々閑古鳥だったと思うよ。
原作からして、何が面白いのか分からないけれど勢いで読者を飲み込むような漫画だから、映画でそれを表現するのは難しい。実写化を非難しているんじゃなく、そもそもハードルが高い作品。

・映画館だけでも年間少なくても50本以上は観ていますが、
日本の映画はテレビで放送されたときで十分だと思っていました。
ここ最近の日本の映画界のこういったニュースを目にするたび、さらに興味が失われていきます。
洋画は顔だけが可愛いやかっこいいだけじゃない、
人としての厚みを感じる俳優さんが多い印象ですが、
日本は今回の事件の方のようなアイドル的な俳優が目立つことが残念です。
もっと演技や人柄を重視したキャスティングにシフトして欲しいと切に願います。