vgt米紙ワシントン・ポスト(電子版)は20日、メリーランド州が韓国から輸入した新型コロナウイルスの検査キット50万セットに欠陥があり、使用されていないと報じた。946万ドル(約9億8300万円)の損失になるという。






・韓国製検査キット欠陥 米で10億円損失、輸入の州知事夫人は韓国出身



 同紙によると、検査キットは今年4月に緊急輸入された。州内の民間医療機関に無償で提供されたが、検査に時間がかかったり、擬陽性が多数出るなどの欠陥があって使用が断念された。

 その後、ひそかに韓国の同じ輸入先から250万ドルで代理品50万セットを輸入。37万セットが使用されたという。

 同州のホーガン知事は2004年に韓国出身のユミ夫人と結婚し、「韓国の婿」と呼ばれている。今回の緊急輸入ではユミ夫人が韓国側とのやりとりで大きな役割を果たしたという。

 州議会などには経緯の報告がないといい、議員の1人は同紙の取材に対し「検査キットに多額の費用をかけたにも関わらず、どのように使用されたか明快な答えがないのは常識外れだ」と非難している。


・ユミ夫人



・議会に黙って信頼できない製品を輸入するって事は
韓国の企業から賄賂とか貰っていたのかもしれませんね。

・まあ根拠もなく信頼出来ないところのものを輸入したんだからしょうがないね。この国はちょっと前までWTOで途上国あつかいだったんだけど。

・州知事夫人は韓国企業から賄賂貰って、亭主を唆して議会に諮らずパチもんの検査キットを水増し価格で輸入。結局は使い物にならないと分かった時点であとの祭り。まるで安物の視聴率取れないドラマみたい。

・ただ単に無駄遣いだ。
本来なら不良品の代替えは当然無償交換であり
これが本当ならば、訴訟問題になる。
しかも不良品で陰性と判断され現実は陽性で
誤判定で死亡ている事もあり得る。
人的被害と言っても過言ではないだろう?

・韓国の婿って誰がそう呼んでいるのか知らないが高額の不良品をつかまされた挙句同じ輸入元から大量の代替品を密かに輸入したとのこと。この事実を議会が知らないとしたら背任ではないのかな。今後議会で事の経緯の調査と知事の責任が問われなければならない。
まぁ個人的には韓国製を選んだことが間違いだったと思う。

・K防疫って、こういうことなんですね。押さえ込んでいるように見えて、その実は検査キットの欠陥なんですね。
州知事夫人よる10億円の損失は誰が補填するのやら。気を付けないと、逆に韓国に訴えられるよ。

・たしかホーガン知事は以前、米政府にキットを取られないように厳重に隠したと言っていたが、本当は使えない製品とわかって隠蔽したのだろうな。
検査キットなんだから使わなきゃ意味がないからな。韓国人夫人の妄想に付き合って住民に損失を出した訳だ。韓国に婿入りすると嘘つきになってしまうんだな。

・何処でも世界中で権力ちょっとでももっとすぐ韓国式の行動で迷惑をかけてますね。縁故でなんでもやってしまうと言う。。性能は二の次。日本のPCR検査試薬も外国だのみですよ。もっと精査して報道をね。