34412月4日に発売される人気漫画『鬼滅の刃』のコミックス最終23巻の初版発行部数が395万部になることが決定し、シリーズ累計発行部数が1億2000万部(電子版含む)を突破することが25日、集英社より発表された。





・『鬼滅の刃』1億2000万部突破へ、1年で累計4.8倍 最終巻は初版395万部で物語の結末に描き足しも



昨年4月6日時点(アニメ放送時)では累計350万部、12月4日時点(18巻発売)では2500万部だったため、この約1年半で約34倍、1年で4.8倍増という驚異的なペースで売り伸ばしている。なお、最終23巻は、作者・吾峠呼世晴氏が物語の結末に描き足した14ページのほか、おまけページの描き下ろし25ページも収録される。

同作はこれまで第22巻の初版370万部が最高だったが、第23巻はシリーズ過去最多となる395万部(同梱版含む)。初版300万部は、人気漫画『ONE PIECE』が2010年3月に発売したコミックス第57巻で初めて出した大記録で、当時、国内出版史上最高の数字(集英社調べ)として大きな話題となったが、今回、自己記録をさらに超えることになった。

 シリーズ累計1億2000万部突破も、今年2月時点で4000万部、5月時点で6000万部、7月時点で8000万部と、10月時点で1億部と2000万部ずつ増え続け、5月に連載誌『週刊少年ジャンプ』で完結した今もヒットが続いている。なお、コミックス累計1億部を突破している『週刊少年ジャンプ』作品は、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』、『DRAGON BALL』、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ、『SLAM DUNK』、『ONE PIECE』、『NARUTO-ナルト-』、『BLEACH』で、これらの人気作に名を連ねている。







・集英社はお客さんに満遍なくいき渡る事より ワンピースの発行部数に忖度する方を選びましたか
当日 争奪戦になる部数ですよね

・ONE PIECEの初版405万部って記録を超えないように忖度してるのかもしれないが、もっと刷れば良いのに
劇場版の450万部の特典が一瞬でなくなったのに、395万部で足りると本気で思ってるの?
他の巻も本屋に全然置いてないし、395万部じゃ足りないと思うのだが

・思ったより少ない印象ですね。
直ぐに売切れで増刷ありきの品薄商法なのか、ワンピース記録を破らないよう忖度なのか。

・ワンピースの作者に対する忖度だよなぁ。記録を超えられてもまだ連載中なんだから抜き返せばいいじゃん。それともワンピはどんなに頑張っても鬼滅を超えられないのかな?

・あまりに少なくないと感じる。
ワンピースに忖度しているのであれば、それは結果としてワンピースの品格を貶める事になると思う。
新海誠監督が仰っていた「エンタメの持つ健全さ」発言を見習って欲しいです。