nnbお笑いタレント・千原ジュニア(46)が24日深夜放送の読売テレビ「にけつッ!!」(火曜深夜0・54)に出演。大ヒット公開中のアニメ映画「鬼滅の刃 無限列車編」の中で疑問に感じたシーンを挙げた。





・ジュニア「こんなこと言うと野暮やけど」 劇場版「鬼滅の刃」ワンシーンで思ったこと



 共演者の、お笑いタレント・ケンドーコバヤシ(48)は、映画館で同作を観たそうで「『ジャンプ』で全部読んでて知っている話やったけど、僕が一番泣いてた」と感動して涙を流したことを正直に告白。

 ジュニアも夫婦で鑑賞したといい、主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)と車掌が登場するワンシーンについて語りだした。

「こんなこと言うと野暮やけど」「伏線を見逃してたりしてたら申し訳ないけど」と切り出すと、「あれだけ強い、鼻が利く、ものすごい修行して能力が高まったのに」とし、車掌との攻防の場面に言及。

ケンコバが「限界を超えてたんじゃないですか?あのときは」とフォローしつつ「なかなか野暮なこと言いましたね」とツッコミを入れると、ジュニアは「奥さんにもめっちゃ怒られた」と笑いながら振り返っていた。


・にけつッ!!2020年11月24日



・車掌との攻防の場面ということだから、ピックで刺された場面の事だよね。結果「軽症ではない状態」になってしまったわけで。
「鬼ではなく普通の人間の殺意だから」+「魘夢との闘いに全集中していた(他に攻撃してくる者がいると想定してなかった)」でいいんじゃないかと。

・切符を切ったのが「車掌」で、炭治郎の腹を刺したのは「運転手」じゃないかな。
ジュニアさんがどちらのことを言っているかこの記事ではわからないけど。
切符に付いていた鬼の血は微量でよく嗅がないと気付かなかった。
腹を刺されたのは背後から刺されそうになった伊乃助を助けようとしたから。
どちらのシーンも炭治郎たちは人間が鬼の手下になっているなんて思わないから警戒していなかった、ってことじゃないかな。

・結局具体的に何が疑問なの?
読解力が無いだけかも知れませんが、この記事だけでは何がひっかかったのかが分からない。
初見で車掌が怪しいと炭治郎が何で気づかないのかって事??

・列車の上で鼻が利かないって言ってたじゃん?
だから伊之助の感覚に頼って首を探してって言ってたじゃん?
鬼滅の刃は、単行本買えば作者さん手書きの部分もあるから、伏線の未回収はあまりないですよ。

・野暮っていうなら 
「夢みたいだ~ これでもっと無残様に血を頂ける~」って
【その名を口にしましたね案件】になると思う、、
原作だと思ってるだけだったけど 
劇場だとしゃべってなかったっけ?w

・これは原作で解決してる。
上弦の壱の戦いの際、回想で炭二郎が「弱いと警戒されないから意識の外になる」といった内容の説明をしている。
ここからすでに伏線かと思うとすごいね

・ギャラクティカマグナムで吹っ飛んだスコルピオンが生きて味方になる。
男塾でしんだ連中が生きて出てくる。
両津、日暮が懲戒免職にならない。
細かいこと気にしてたらジャンプのマンガ読めんぞ。

・確か肌感覚が鋭い伊之助が一番怖いのが藤の花のおばあちゃんだったって言ってたな。
殺気や気配があれば気付くけど、藤の花のおばあちゃんに背後からそっと近付かれて刺されたらやられる、みたいな事が書いてあったような。
炭治郎の鼻も善逸の耳も決して万能ではなく
集中してると気付くけど気を抜いてる時にやられるのは逆にリアルだなと思ったけどな。

・フィクションのマンガでそんな理屈考えてたらダメだよ。甲本ヒロトさん言ってたじゃん。エンタメはぼんやり楽しめばいいのよ。

・これを切り取って記事にするのがもう野暮ですね。
鬼滅ファンからしたらイラっとすることもあるでしょう。
そもそもにけつって斜め上から話をすることが多い番組だし、飲み屋とかでのダベりを聞いてる感覚で観るものだと思ってるので、そこまで真剣に聴いてたら正直疲れます。