bbc11年連続の『NHK紅白歌合戦』出場記録が途絶えてしまった『AKB48』。なぜここまで凋落して、復活の見通しも立たないのか。そこには、卒業生・指原莉乃が原因だと指摘する声も少なくない。





・『AKB48』紅白落選は指原莉乃のせい? 現在進行形の「負のイメージ」



指原は数少ない『AKB』卒業生の成功例として、バラエティー番組に多数出演中。その活躍ぶりから、年収が3億円と報じられたこともある。

元アイドルという括りでは、おそらく芸能史に残るほど活躍をしている彼女がOGにいることは、『AKB』としてはプラスに働きそうかと思えたのだが…。


・指原莉乃さん



「指原がバラエティーでウケている理由は、極端に言えば元アイドルのくせに下品だというギャップ。トークスキルが秀でているのは確かですが、悪口ネタやスキャンダルネタで、人気を獲得したことは間違いない。

そして、そんな指原がグループでナンバー1人気だったことから、自ずと『AKB』のイメージも指原のイメージに引っ張られることに。現役生たちがどれだけ〝清純〟をアピールしても、〝AKB=下品〟というイメージは、指原がテレビに出演し続ける限りぬぐえないのです」(芸能記者)


・NHK紅白歌合戦



実際、ネット上には

《指原莉乃がAKBを踏み台にして食い潰した。汚れのイメージしか無い》
《指原が元凶だろ。居座って世代交代に失敗した挙げ句、汚れのイメージだけが残った》
《指原がイメージを変えてしまったかな、アイドルらしくなくなってしまった。それで空いた枠に坂道がすっぽりハマったから、AKBの戻る場所が無くなってしまった》

といった声があがっている。





「指原以外にも、一部卒業生メンバーが〝握手会〟をディスるなどして、炎上商法でバラエティーに出演して小金稼ぎしていたことなども、『AKB』としては痛かったでしょう。

OGの暴走といえば、『欅坂46』の卒業生たちもやらかし行為を連発してグループ名に泥を塗りましたが、『欅坂46』は、その後すぐに名前を『櫻坂46』と改めて再始動。腐った名前をすぐに捨てて一新を図っています」・・