fgtrr「名刺を交換していただけませんか」と街で声をかけられたことはないだろうか?






・恐しい…新橋で「名刺交換を!」と頼む研修サラリーマンの正体



不動産投資にまったく興味がない人が、区分マンションを買わされてしまう状況とはどんなケースが多いのでしょうか。

新築区分マンションの売り方は様々な方法がありますが、主に次の3つがあります。

(1) 電話営業

(2) 名刺交換

(3) セミナー

一般的には「書籍を読んで不動産投資を知った」という人が多く、知識を得るためにセミナーで学ぶ人もたくさんいます。

セミナーには、勉強会のようなスタイルのものから、特定の物件を売ることを目的にしたものまで色々あります。そういったところで取り扱われる不動産は、区分であれば中古物件。もしくは一棟物のアパートやマンションが主流です。

新築区分マンションを売るとなれば、セミナーもありますが、主に名刺交換か電話営業になります。

名刺交換というのは、駅前で新卒社員の社内教育という名目で、名刺交換をして個人情報を入手します。

たとえば新橋などのオフィス街に行くと、いきなり「すみません! 名刺を交換していただけますか?」というように、若い社員から、あたかも研修の一環のような形で名刺交換を求められることがあります。気のいい人であれば、名刺を渡してしまいます。しかし、名刺交換は新築区分マンション営業の常套手段なのです・・

・詳細はソース



・私も過去に名刺交換をお願いされました。こういう事情なのですね。

・テレアポ営業が迷惑行為で名刺交換で営業を掛ける、どちらにしても迷惑に違い無いです。
ワンルームマンションの投資物件は条件が揃わないと長期的な利回りを確保は困難と思います。
自社物件で運用せずに割り増し価格で売りリスクを購入者に押し付ける時点で察するものがある。

・新橋で遭遇した事が複数回あり、一度は声かけされましたが無視。
別の時は遠くから目を付けられたのが分かったので、通路の柱で互いの姿が見えなくなる瞬間を狙って進路を変更し声かけできない位置に移動して”難”を逃れましたw!

・以前ビッグサイトや幕張メッセの大規模展示会で「研修で名刺交換してます。交換させていただけませんか」と声掛けされたことがあります。
個人情報にうるさい会社は名刺の管理にもうるさいのにとおりすがりの人と交換なんてあり得ない。

・名簿売買の為の、データ収集詐欺ですね。
まともな会社は、路上で名刺交換させません。
携帯電話からの、営業電話もさせません。
携帯電話=売り切りで飛び逃げするからです。
不特定多数への路上の営業行為は、違法行為です。(行政や警察の許可証が必要)

・>法人の代表番号から、電話番号を一ケタずつ変えて、片っ端から電話をしていくという方法です。

まさに、大手にいた頃、社用電話に定期的にマンションや投資の営業電話がかかってきていました。でも、営業してきたのは財閥系の大手企業だったけどね。あと、プライベートだと利用している銀行から営業電話がかかってきて留守電残すのは止めて欲しい。「商品の紹介でしたので、また~」とかね。今どきはプライベートで電話なんて滅多に使わないので通話料は一番安いプランに入っているわけで、留守電聞くだけで通話料が発生するのですが、そのへんはお客様の事を考えていないのでしょうかね?

・昔、こういう電話が会社に来たことがある。
当時、こういう業者がいることを知らない新人だったが
源泉徴収票見せろと言われたときはさすがに危険を感じて拒絶した

・> 駅前で新卒社員の社内教育という名目で、
 名刺交換をして個人情報を入手します。

これもう15年以上前からやられています。
まだ、初期の頃は複数人が名刺を渡した為、
就業時間中に良く電話が掛かって来ました。
総務の知れる所となり、むやみやたらに
赤の他人に名刺を足すなと総務からお達しが出た程でした。

・私の知る限り、良くも悪くも不動産営業でマトモな人は少ない。
こういったことを臆することなく出来るというのは、凄いなと思います。

・ここ2,3年は見かけなくなりましたが、会社帰りに入社間もない雰囲気の方が、目的を正しく伝えることなく個人情報収集に道端で声掛けてましたねー!
チャラい感じで接して来るので叱りました。