gtr事故は09年9月30日午後6時50分ごろ熊谷市本石の路上で発生。帰宅途中だった小関孝徳君=当時(10)=が死亡した。






・ば~か…男児亡くした母に誹謗中傷の攻撃 「捕まえてみろ~」と書いた人特定、他にも 母親「何度も絶望」



事件から10年が経過した昨年9月には、罪名が自動車運転過失致死罪(当時)から危険運転致死罪(同)に変更され、時効は10年延長。母親が民間の事故調査会社に依頼した証拠品の鑑定では、事故に2台の車が関与した可能性が指摘されている。

 「ごめんなさい」。自動車運転過失致死罪の時効が4カ月後に迫っていた昨年5月、事件の情報提供用に公開している母親のメールアドレスに突然、謝罪のメールが届いた。それ以外に文章はなく、並んでいるのはたった6文字。約1週間後、同じ差出人から届いたメールは「捕まえてみろ~。ば~か」と犯人を装うかのような内容だった。


・時効直前の小4死亡ひき逃げ 車2台にはねられた?新鑑定



 同時期には、時効撤廃や情報提供を求める母親の活動に対し「諦めなよ。未練がましい」と非難するコメントもブログに付けられた。

 犯人を装うメールはその後、北陸地方に住む30代男性が送信した虚偽のものだと分かり、男性は同年12月、軽犯罪法違反容疑で書類送検され、不起訴処分となった。

 メール以外にも、熊谷市の当時60代の男性が交番にうその情報提供をしたり、「サッカー少年をひき逃げした」と虚偽の110番をしたこともあった。男性は同法違反の罪で略式起訴されたが、母親は「犯人逮捕という本質ではないところで悩まないといけないことが精神的にもつらかった」という。





・信じがたい話。
そんな人間が本当にいることに愕然とする。

・人としての心が無いの?
書き込んだ人にも家族がいるんだろうし、、。
犯人も捕まらない上にこんなのって悲しすぎる。

・こんなことをメールを送ったのが30代ってことに驚いたし、こんな酷い事をしても不起訴処分でなんの罰も下されないのも驚いた。だって少しの不注意で交通違反したって罰金とられるのに。特定するのだって、大変だっただろうに。
名前は公表できないのだろうけど、ぜひマスコミは、お子さんを亡くされたお母さんにどうしてこんな気持ち悪いメールを送ったのか、今何を考えているのか取材して欲しい。

・おそらく起訴猶予だと思うが、初犯であっても起訴すべきだったと思う。親御さんがどれだけ傷ついたかを思えば、傷害罪も加えたいぐらい。

・叔父をひき逃げで亡くしましたが、犯人捕まらず時効を迎え、何年経ってももやもやしたままです。息子を殺した犯人が捕まらないまま時効を迎えた祖母は本当に辛そうでした。被害者のぼくやご遺族のためにも、警察はこのひき逃げ犯は必ず捕まえてほしい。

・不起訴処分や罰金ですませるから、同じような事件がなくならないんですよ。
1週間でも数ヶ月でも服役させればいいんです。

・怖いと思うのは、こういう書き込みをしてる人間が、恐らくは「フツーの人」だろうということ。
むしろ周りの人から見たら、真面目な人、おとなしい人と思われるような、至って地味な人間なのではないか。
だからこそリアルでは不満を解消したり、感情をぶつけたりする場がなく、見えない相手、反撃できない相手に矛先が向かう。
この手の人間は居なくならない。

・「やってしまった(不慮)」と「やらなくていいことをした(故意)」のでは訳が違う。
故意に行った、しかもそれが成人を迎え大人という認定をした者であれば、その行いの代償は等価値で受けるべきだと思う。