dfw毎回さまざまな”説”を検証し、お茶の間に笑いを届けている同番組。今回放送された説は「芸名と本名の知名度格差が最も大きい芸人 笑福亭鶴瓶背説」というもの。





・霜降り・粗品の本名に注目集まる 「俳優みたい」との声も



その本名は「駿河学」なのだが、100名を対象にした街頭インタビューで、答えられた人はなんと0人。

一方、顔写真を見せて「笑福亭鶴瓶」と答えられた人は97人だったので、その知名度格差はほとんどマックスという結果となった。


・水曜日のダウンタウン

番組では、その他のお笑いタレントについても同様の調査を実施。タモリは「森田一義」、劇団ひとりは「川島省吾」、バカリズムは「升野英知」…と、比較的知られている本名について視聴者に紹介される中、粗品のそれが話題に。

その名前とは、「佐々木直人」。これにダウンタウンの二人も「ええ…」と驚きの表情を浮かべ、ゲストの吉田明世アナは「俳優さんみたい」と反応していた。

ネット上でも、同様に「なんかカッコいい…大河ドラマとかに出てそう」「渋くて良い。似合ってると思います」と相次ぐ絶賛の声が・・