dsfg豪華なメンバーが一カ月ごとに〝めざましファミリー〟の一員となり、エンタメニュースを伝えていく『マンスリーエンタメプレゼンター』。






・『めざましテレビ』放送事故!? 瑛人の言動にドン引き「ヤバめの素人かと思った」



12月の担当に抜擢された瑛人は、自身の代表曲『香水』が流れる中でスタジオに登場する。そこで自己紹介を求められ、彼は自身の名前を言いながら、ピースサインを横に振るという一般人のような行動を取っていた。

そしてエンタメ紹介や、同局の軽部真一アナウンサーとの会話では、「あの…」と言葉に詰まることが多く、滑舌のせいか内容が聞き取りずらい場面も。また『Official髭男dism』の『Pretender』を紹介する一幕では、「むっちゃ共感して、初めて聞いた時少し涙が出ました」という男子高校生のような感想を述べていた。



瑛人の放送事故レベルのトーク力に、視聴者も騒然。ネット上には、

《滑舌悪いし、あの、あのしか言わないし放送事故すぎた…。朝からイライラする》
《緊張するだろうけど、人前で表現するお仕事してるなら、朝番組で聞き取りやすい声やトーンで話すって事くらいは意識して出てきて欲しい》
《何言ってるか分からんし。なんか朝からヘラヘラ。頑張れない顔やし、嫌いだな》
《ヤバめの素人を起用したのかと思ったら瑛人だった》
《朝からめざましで瑛人の顔見たくなさすぎてキレそうになった》
《瑛人が出てて素人っぽさ全開だった。コメントもおバカキャラっぽいし》
《喋りが〝The気遣えない男〟って感じ。色々聞かれてもうっっすいし、何より顔面が微妙にいらいらする》
《滑舌とコメントが一般人レベルでヒヤヒヤしたわ(笑)一カ月もたんやろこれ》

などと辛辣なコメントが続出している・・


・めざましテレビ 2020年12月2日