45「11月の夜、都内の人気ステーキ店前に1台の高級輸入車が停まりました。新車だと1200万円以上。どんな人が乗っているのだろうと思って見ていたら、背の高い男性運転手とともに入江さんが降りてきたのです」(見かけた通行人)・・





・元カラテカ入江 1200万円高級車で…目撃した再びの成り上がり



「もともと入江は芸人仲間より、青年実業家や社長などとの交流を深めていました。特に“お偉いさん”にかわいがられるんですよね。『闇営業』というミソはついたものの、それまでの人脈を生かして興した清掃会社は順調なようです。芸人時代にお世話になった業界人からの依頼も多いようですよ」

芸能界にいたときから高級輸入車に乗っていたという入江。変わらない様子からも、再びの成り上がりぶりがうかがえる。


・大きな話題となった 闇営業騒動



この日の入江は、全身黒ずくめ。黒いキャップを被り、黒いマスクをして、上下黒のスウェット姿というラフな格好だ。人気ステーキ店の前に車を止めると、男性運転手と2人で10分ほど並んで入店していった。

「この店は芸能人やプロレスラーなどの格闘家がよく来店することでも有名。いつも満席です。店外に行列ができていることも少なくありません。入江さんが入ってきたときも店には客がいましたが、みんな特に騒ぐこともなく目の前のステーキに集中していました」(前出・店内にいた客)


・入江さん クリーニング会社「株式会社ピカピカ」を立ち上げ



名物はボリュームたっぷりの熟成肉ステーキ。入江たちは黙々と目の前のステーキを平らげると、20分ほどで店を出た。

「お会計は合計1万円。当たり前のように、入江さんが払っていました。店主と仲良さげに話していたので、常連のようですね。ニコニコしていて、イメージよりも明るくて感じのいい人でした」・・


・芸能界にいたとき同様、高級輸入車に乗っていた入江さん

・もう、ほっといてあげたら?
一般人やし。
ご本人の努力の結果でしょ。

・芸人になったから、ここまでのし上がれたのか、才能があったから遠回りしたのか
これだけ短期間で巻き返すのは何はともあれスゴい才能だと思う

・何か悪意のある書き方だけど、会社立ち上げて好調なら高級外車乗って、高級ステーキ食べるでしょーよ
一度やらかした人間は、その後にいくら成功しても中古の軽に乗って、激安ステーキ食べてなきゃいけないのか?

・花屋で働いてた頃、某テレビ局が近くにあり繁華街もあって芸能人が来店することがあった。
そんな中、入江さんがアレンジメントの注文で来店してくれた。
終始腰が低い方で好印象を持ったのを今でも覚えている。
他の芸能人とは態度が丸っ切り違かった。

・一般人になった彼を追っかけて
まだ炎上の火種を探す。
こんな週刊誌の記者の闇を暴く
記者が現れないだろうか?

・ゲレンデも年式で値段は全然違うし本人の名義かどうかも確認なんかしてないやろうし。
会社の従業員や後輩となら当然金も出すやろうし、なんせ書き方に悪意しか感じない。

・何か問題を起こしても芸能界にしがみつく人よりは雲泥の差で入江さんの方がいいと思う。

・男性運転手の所有する車なんじゃないの?
入江さんに運転手までいとは思えない。
写真の題名にも入江さんの車とは書いてない。